セイント・バトラーズ 菫の大公と黒の家令

セイント・バトラーズ 菫の大公と黒の家令

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

闇を退け、人の世を造った賢者・聖エディスの末裔である、エディス大公家の若き当主・アンドレア。少女めいた可憐な美貌と聡明な頭脳に加え、卓越した魔術の腕を持つ彼の悩みは、生まれつき体が弱いこと。一年の半分を病床で過ごす彼に、悪友の伯爵ヒューバードと大公家の執事たちはいつも心配顔。だけど、大公家の領地で若い女性を狙った怪事件が起こり――!? 志麻友紀×つだみきよが贈る華麗なる王宮事件簿、開幕!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2008年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

セイント・バトラーズ 菫の大公と黒の家令 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月13日

    絵がつだみきよさんだったので、読んでみました。
    主人公(?)が病弱設定だったので弱々しいのかと思ったら、そうじゃなかった。
    確かに病弱ではあるのだけれど、真っ直ぐに生きている姿が良いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月17日

    表紙に引かれて買いました。
    つだ先生のイラストが綺麗で、挿絵は非常に満足でした。
    話の内容は、個人的には盛り上がりに欠けると感じました。
    主人公以外のキャラはかっこよく、面白いのですが、主人公にもっと魅力と意外性、多少の面白さがあってもいいかな、と感じました。
    面白い話は休憩もなしにひたすら読むので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月09日

    角川ビーンズっぽくて良かったです。
    天然美少年とおてんば姫と個性豊かな五人の執事。キャラクターがすごくしっかりしてた。
    ラストも続きが気になる終わり方で、これは読まないといけないね。
    少しくせのある文章だなぁ、というのが全体的な感想。
    書き慣れてる感じがする。と思ったら、すごい冊数出してる作家さんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    16歳大公とその使用人(執事・執事補・フットマン)と親友のお話。
    最初なので、キャラ設定とかそういうことに話の重点が置かれていたように思いました。
    とゆーわけで、お話自体は結構こんなもん?って感じで深みがない感じ・・・。
    城下で娘が消える事件が相次ぎ、捜索に乗り出した大公。しかしそれは大公をおびき寄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ザビに載っていた短編読み切りがおもしろかったので購入。
    志麻先生は久しぶり。ローゼンクロイツ、読み切ってない……。

    執事は5人。個性と共に、才能豊か。(正しくは、執事、だけではなく家令・執事補・執事・フットマンなんですが、纏めて執事)ご主人様は16才、天使の容貌の誇り高き文武両道天才少年。ただし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

セイント・バトラーズ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • セイント・バトラーズ 菫の大公と黒の家令
    闇を退け、人の世を造った賢者・聖エディスの末裔である、エディス大公家の若き当主・アンドレア。少女めいた可憐な美貌と聡明な頭脳に加え、卓越した魔術の腕を持つ彼の悩みは、生まれつき体が弱いこと。一年の半分を病床で過ごす彼に、悪友の伯爵ヒューバードと大公家の執事たちはいつも心配顔。だけど、大公家の領地で若い女性を狙った怪事件が起こり――!? 志麻友紀×つだみきよが贈る華麗なる王宮事件簿...
  • セイント・バトラーズ 金獅子の伯爵と銀鷲の王
    聖エディス王国に伝わる、四つの「怪談」。その全てが起きたとき、王朝が滅びるという。建国九九九年祭の最中、鐘のない鐘突き堂から鐘の音が響きわたり、それをきっかけに、次々と怪異が起こり始める。可憐な美貌に鋭い頭脳、抜群の魔術の腕を持つ少年大公アンドレア(弱点・病弱)は、陰謀の気配を感じて、悪友の伯爵ヒューバードと大公家のバトラーズとともに調査を開始するが…!? 華麗なる王朝事件簿、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています