新 外科医 東盛玲の所見 6巻
  • 完結

新 外科医 東盛玲の所見 6巻

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あなたの後ろに霊がいる! 今大評判の霊能者・島神が東盛の病院に入院してきた。だが、その日から病院で怪異が起こり始めた! 天才外科医・東盛が挑む怪奇事件の数々! 単行本未収録「往診」も収録。充実の一冊!!

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年10月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

新 外科医 東盛玲の所見 6巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年02月05日

    今回も不思議で可愛い者たちが色々出てきて、縁の人たちを救う手助けをしてくれます。
    癒されるなあ〜

    最後の方は、作者のバリ島旅行エッセイマンガなのですが、ページが余っていたのかな?
    最新作がWeb掲載に移行していることを初めて知りました。
    夢幻館は?

    このレビューは参考になりましたか?

新 外科医 東盛玲の所見 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 新 外科医 東盛玲の所見 1巻
    完結
    冷静な知性と、熱い情熱の持ち主、外科医東盛玲が院長を勤める東盛病院。そこに新たな患者がやってきた・・・・・・。それぞれ一見普通の患者に見えるが、その背後には、思いもかけない邪悪な想念が隠されていた!! 新シリーズの第1弾。ますます魅力が増幅!!
  • 新 外科医 東盛玲の所見 2巻
    完結
    東盛玲は秀才な外科医なのだが普通の人には見えないモノが見えるのだ。大抵、それは幽霊、悪霊、妖怪などと呼ばれている。東盛がこれらと戦う武器は、ただ熱い情熱と冷静な知性だけなのだ!東盛の学生時代の話も入った、大好評シリーズ第2弾!!
  • 新 外科医 東盛玲の所見 3巻
    完結
    東盛玲は優秀な外科医。しかし、彼はこの世ならぬ物が見えてしまう能力を持っていた。そんな東盛が遭遇する数々の事件。医者の両親と、熱い情熱だけが危機を乗り切る武器なのだ!!話題のヒューマン・ドラマが、ますます熱い!!
  • 新 外科医 東盛玲の所見 4巻
    完結
    冷静な知性と熱い情熱を持つ優秀な外科医・東盛玲は「この世ならぬもの」が見えてしまうのだ。患者を救うため、彼は今日も孤独な戦いを続けなければならない。妖怪、幽霊、生霊……など、戦う相手はなかなかに手強い。しかし一番手強いのは人間そのものだった。人間が生きる事とは、一体何なのだろうか。ヒューマンドラマの傑作第4弾……!?
  • 新 外科医 東盛玲の所見 5巻
    完結
    東盛の友人の玄條の元から掛け軸が消えた。同じ頃、東盛の病院では、軽い症状の患者が突然重体になり、転院すると、別の患者が重体になるという異変が起きていた。その時、玄條は思い出した。掛け軸に描かれていた鬼は、人の病を取り替える力がある事を……。
  • 新 外科医 東盛玲の所見 6巻
    完結
    あなたの後ろに霊がいる! 今大評判の霊能者・島神が東盛の病院に入院してきた。だが、その日から病院で怪異が起こり始めた! 天才外科医・東盛が挑む怪奇事件の数々! 単行本未収録「往診」も収録。充実の一冊!!
  • 新 外科医 東盛玲の所見 7巻
    完結
    東盛玲は優秀な外科医。しかし、彼はこの世ならぬ物が見えてしまう能力を持っていた。そんな彼に頼るように、さまざまな患者が東盛のもとに集まってくる。果たして患者の魂を救えるのか? 患者の心を癒やすヒューマンドラマ!
  • 新 外科医 東盛玲の所見 8巻
    完結
    神の手を持つ天才外科医の東盛玲は、この世の物ではない悪霊、妖怪、生霊などが見えてしまう。患者を救うために東盛の戦いは続いていた!!今回は、吸血鬼と妖怪の戦いに対して、東盛の活躍を描く、傑作との評判の長編を収録!!
  • 新 外科医東盛玲の所見 9巻
    完結
    東盛玲は優秀な外科医。彼は、悪霊、幽霊、妖精などが見える。しかし、彼にあるのは沈着冷静な判断力と、どんな時でもくじけない熱い心だけ!! 話題のヒューマン・ミステリー。最新第9巻目。
  • 新 外科医 東盛玲の所見 10巻
    完結
    普通の人には悪霊、妖怪などのこの世の物ではない物を視ることはできない。しかし、ここにこの世の物ではない物を感じ、視ることができる男がいた。その名を東盛玲。彼は神の手と呼ばれるほど優秀な腕をもっていた。だが、彼は超能力を持っている訳ではない。彼ができるのは、その優秀な腕、そして沈着冷静な心、そして何よりも悪霊たちと戦う熱い 、余りにも熱い意思だけだった!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています