ふぉっくすている? 5本目

ふぉっくすている? 5本目

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

鬼絡みの問題も一段落、と上機嫌の橘。九条が地獄に戻る際「気をつけろ」と言い残したことで一抹の不安を抱く凪。二人のもとにまた奇妙な輩が現れる。九条がいた鬼の組織から狙われているという妖狐の木花だ。橘はしばらくぶりに触れる同族の木花に気をよくして、護衛を引き受けるのだが、人間らしい生活を教えようと先輩ぶって張り切りすぎる。凪はまた新たな厄介ごとになるのではと困惑するのだが……? ほのぼの妖怪スクールコメディ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫J
電子版発売日
2012年01月20日
紙の本の発売
2011年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ふぉっくすている? 5本目 のユーザーレビュー

レビューがありません。

ふぉっくすている? のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ふぉっくすている? 1本目
    ちょっと迂闊な普通の高校生・清原凪の目の前に、白無垢を着た長い金髪の女の子が現れて涙目でにらんでくる。「招待状は確かに送った。正装もこちらで用意している」……凪のせいで縁談が破談したという幼狐の橘が、その恥を雪ぐために凪に自分を娶れというのだ。「貴様のせいでは私は群から追放され生涯を処女で過ごさねばならんのじゃぞ!?」「ちょっ!?」――九尾の狐であることを捨て、いまは律儀に人間...
  • ふぉっくすている? 2本目
    「普通の高校生」をやっている“つもり”の清原凪の正体は九尾の狐だ。しかしけっこう迂闊なせいで凪は幼狐である橘から自分を娶るよう迫られながらの同棲生活中。しかも凪の通う学校は妖怪を保護・管理する施設を兼ねていて、橘の他にも有象無象の妖怪たちが人間のフリをしている。球技大会を控える凪に、天狗娘の藤紫は蹴鞠などする感じ?とセパタクローをわりと本気で競技に提案してくる。転校生の鵺から...
  • ふぉっくすている? 3本目
    クリスマスが近づき、なんだかんだで仲のいい凪のクラスではクリスマスパーティを開くことになっていた。凪の誕生日を尋ねる橘に、隠し事をしないと決めた凪は、九尾の狐である“凪”が人間の“清原凪”になった日のことを話すことにするのだが、準備だ勉強会だとなかなか二人きりになって落ち着いて話すタイミングがない。そんな折、かつて地獄で凪とともに妖怪たちを統べていたという火車がやってくることに!...
  • ふぉっくすている? 4本目
    相変わらず不遜な橘だが、凪に気に入られようとアルバイトを決める。「自分と凪しか持っていないもの」が欲しくて、凪にプレゼントを贈ることにしたのだ。ところが当然のように橘の働きぶりはぎこちない。「……ごちゅうもんは、なんめいさまですか……?」うーん、いささか不安が……。凪と橘のスクールコメディ第四弾!
  • ふぉっくすている? 5本目
    鬼絡みの問題も一段落、と上機嫌の橘。九条が地獄に戻る際「気をつけろ」と言い残したことで一抹の不安を抱く凪。二人のもとにまた奇妙な輩が現れる。九条がいた鬼の組織から狙われているという妖狐の木花だ。橘はしばらくぶりに触れる同族の木花に気をよくして、護衛を引き受けるのだが、人間らしい生活を教えようと先輩ぶって張り切りすぎる。凪はまた新たな厄介ごとになるのではと困惑するのだが……? ...
  • ふぉっくすている? 6本目
    風邪をひいた凪をナース服で看病(?)する橘だが、火車や木花、鵺たちもやってきて騒々しい。そもそも火車がやってきたのは殺生石について話をするためだという。ぬらりひょんが集めていた殺生石は妖怪の妖力を吸い出して溜め込む習性を持ち、呪具として身につけた者の妖力を強化する力がある。火車や鬼九条が暴走した際に強力になったのもこのためらしい。しかし橘たちの看病合戦の的になった凪は風邪を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ふぉっくすている? に関連する特集・キャンペーン