危ない世界一周旅行

危ない世界一周旅行

作者名 :
通常価格 586円 (533円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

胸一杯の夢と希望、そして世界一周航空券を握りしめて旅立った「320日間世界一周旅行」。順調な旅になると思われたが、行く先々で降りかかるトラブルの数々……。
南米ペルーでは、背後から首絞め強盗に襲われ、数十万円を盗まれた。傷心のブラジルではモデル級の南米美女に1000ドル抜き取られた。南アフリカの凶悪都市ヨハネスブルグでは、血に飢えた黒人30人に集団で襲われ、「狩り」の標的になった……。
はたして筆者は、生きて再び日本の地を踏めるのか?
世界一周旅行の「表」と「裏」がよくわかる、旅行者必読の一冊。

ジャンル
出版社
彩図社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年09月02日
紙の本の発売
2009年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

危ない世界一周旅行 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    元から気になってた世界一周というジャンルに"危ない"と書いてあるから読んでみた。この人の世界一周ルートは比較的安全な国の中でかなり絞った少数国を行っているように思う。それだからか、かなりシンプルに書かれているのでスラスラ読める。

    著者の"危ない"場面に出くわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月05日

    世界をバックパッカーで旅をすることの良いところも悪いところも書いてある本!
    私が1番印象的だったのはアフリカだった。
    アフリカ(きっとアフリカだけではないだろうけど)は行く時と行く場所、立場でまったく異なった感想になるのだろうな〜っと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    "パックスジャパニーズ、良くも悪くむ日本人丸出しの習慣をもったまま世界一周した著者の体験談。
    郷に行っては郷に従えという点が少ない。でも、よくサバイバル、生きて帰国できたと感心してしまった。
    著者の宮部さんは今どんなことにチャレンジしているのだろう?"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月15日

    旅行記の中でもかなり読みやすい部類。各地での印象的なエピソードが中心となってあるためサクサク読めた。タイトルの通り「危ない」をテーマにしているため内容にインパクトはあったが、各国の様子をイメージしにくかったのがやや残念。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています