チョコレートのように

チョコレートのように

作者名 :
通常価格 607円 (552円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「死ぬくらいなら、そのカラダ、俺によこせ」。――信頼していた同僚に裏切られた京一に、橋の上で声をかけてきたのは、印象的な声をした謎の男・梶本だった。同僚への復讐に手を貸すというその男は、京一を強引な手腕で変身させ、これまで知らなかった強烈な『快楽』で蕩かしていくが……。その後のラブラブな2人を描いた書き下ろしも収録!!

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

チョコレートのように のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月29日

     梶本による、京一の乳首調教ストーリー。
     …いや、違うけど。私にはそう感じたんです!(笑
     ひちわさんの文字は、ほんとエロくて好きだわ~♪

     ドラマCDは、梶元(安元洋貴)・京一(武内健)。
     こちらも、良い!!
     安元さんの声はエロエロだし、武内さんは可愛いし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月23日

    ノベルス版で持ってるんです。でも、文庫化で書下ろし…。間が悪いです。半年ほど前に古本屋で入手したんですよ、ノベルス版は。書下ろしが読みたいばっかりに買いました、文庫版。内容はオススメできます。いいですよ、これ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月16日

    ひちわさんらしい、強引な攻。振り回される受。
    受を手に入れるための嘘と誤解がまた、ひちわ節。
    面白かったですよ♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月18日

    まさに王道もの。タイトルどおり、甘くて蕩けます。
    読みやすくて、「お約束」どおりに話は進むけれど、退屈することまったく無しに、早く先が読みたくなるかんじ。伏線の張りかたの手腕もすばらしいです。
    親友と思っていた男に裏切られて、橋の上から身を投げようとした京一は、謎の男梶本に引き止められ、復讐すること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月13日

    安元x武内 とても耳レイプ。武内くんが冴えないリーマンで、安元キャラによって変身開拓されてく。二人の心情と距離の変化がうまく描かれてて、面白かった。当時割と気に入ってた様子。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すんごい久しぶりにひちわゆかを購入した気がする。
    TOKYOジャンクは途中で止まっている(というか、3巻まで買ってると思い込んでいたが、2巻がなかった)。
    お約束をキチンと守ってくれるのが良い。すれ違いとか勘違いってBLにとってけっこう重要なオプションだし。満足。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    同僚に裏切られ身投げしようとしたリーマンと
    復讐を持ちかけるエロオヤジの話。

    マイ・フェア・ボーイを地でいきますが、
    エロオヤジのせいでコメディになりがち(笑)
    書き下ろしでどちらの視点も読めるように
    なっている、結局メロメロな二人です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    萌えました。

    なんてひどい攻wと思わなくもなかったんですが、
    可愛いところもあって好き。

    CD購入済み。
    安元さん×武内さん。
    こっちも大変萌え。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月11日

    アニメみて泣いたり、マーブルチョコ好きだったり、できる男の以外にかわいい部分の設定が面白い。
    お話は、裏切らない展開で読みやすい。
    仕事の内容にも触れてるけど、程よい説明でくどくなくてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「死ぬくらいなら、そのカラダ、俺によこせ」。
    ―信頼していた同僚に裏切られた京一に、橋の上で声をかけてきたのは、印象的な声をした謎の男・梶本だった。
    同僚への復讐に手を貸すというその男は、京一を強引な手腕で変身させ、これまで知らなかった強烈な『快楽』で蕩かしていくが…。
    その後のラブラブな2人を描い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています