巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言

巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本長期信用銀行が経営破綻して十数年が経過した。これまで、1997年、1998年の金融危機における銀行などの破綻のいきさつなどについて、当時の経営当事者の口から、その実情が語られることは皆無に等しかった。それには理由があった。銀行が破綻した当座は、彼らが何を言っても、単なる保身や責任逃れの言い訳だと片付けられ、逆に、歴代の経営陣や銀行という組織体のずさんさを指弾する材料にされた。そのため関係者は身を固くしてマスコミの熱心な取材要請をかたくなに断り続けた。当事者が裁判の制約から解放されて、様々な発言をするまでには、「事件」が「歴史」となる十数年の歳月を必要としたのである。世界的な金融の混乱や信用収縮の暗雲に覆われている現在、長銀破綻の今日的な意味が浮かび上がってくる。企業ガバナンスのあり方、規制緩和の進め方とセーフティネットの構築、市場の暴力的な動きに対する対応、危機管理における政治と金融当局の役割、そして法の適用と司法の役割など示唆するものは多い。

※本書は2009年1月に東洋経済新報社より刊行された『巨大銀行の消滅』を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2011年08月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    グループ会社の管理責任が曖昧
    貸出しに関しては結果報告のみ
    関連会社トップの暴走を止められない親会社のトップ
    危機を未然に防ぐための規制や指導に縛られていた半面、行政依存体質を生み組織の存立を賭けた大胆な経営戦略や自主的なガバナンスの芽を摘んできたとも言える。
    行政との距離も近い存在とみなされ国や日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月24日

    当事者として言いたいことはあるのはわかるし、事実は事実としてわかりやすく書かれている。マスコミ報道による株価の下落、公的資金の導入に対する批判からスケープゴートを求める行政があったのもその通りだろうし、ソフトランディングも可能だったのかもしれない。それでも長銀自身の責任や経営判断のミスが破綻の最大の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    長銀が誕生してから破綻するまでを回想した本。バブル期の企業の盛衰の象徴ともいえる出来事だったともいえる。マスコミの報道(検察の情報?)がいかに偏ったものであるかも明示してくれます。当時の新聞を片手に併読したら、もっと面白いかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月18日

    検察問題その他の追及で有名なフリージャーナリスト岩上安身氏がtwitterで勧めていたため、興味をそそられ、手に取った。長銀最後の頭取、鈴木恒男氏が被告となった「粉飾決算・違法配当」をめぐる刑事・民事事件の判決・決定(刑事は最高裁で逆転無罪、民事は勝訴)を受け、長銀が、政治、大蔵省、マスコミの一挙一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月21日

    旧長銀の破綻劇の一部始終です。金融を学んでいないとちょっと読みづらいかもしれません。

    世はバブル崩壊後。当時小学生ですが、なんとなく新聞を賑わせてましたのを覚えてます。日本発金融危機だけは回避したいという筆者の思いを常に感じながら読んでました。ベアーやリーマンやらの経営陣もこう思ってたんでしょうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月17日

    長銀の元頭取が破綻の原因について述べている。非常に客観的に述べているが、専門的にすぎる面もあって、面白いかと言われると面白くないかも。業界に通じているひとがよむと、最後の頭取という立場にあったひとが外には知れないことを述べているので、面白いのだろうけど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています