20代からはじめる社会貢献 400社が支援した「社会起業」とは

20代からはじめる社会貢献 400社が支援した「社会起業」とは

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

20代の若者のほうが、他の年齢層に比べ社会貢献に対する意識が高いという調査結果がある。その理由は本文に譲るとして、「自分のためだけにお金を使っても楽しくない」という若い人が増えているそうだ。若者の関心が、ビジネスで成功することから、国際問題や社会問題の解決にシフトしてきているとも。アメリカでは社会的事業で生計を立てる社会起業家がいまや当たり前で、エリートほどその傾向が高いという。本書は、食事代の一部(20円)をアフリカの学校給食に支援する社会貢献活動を紹介。社会起業家の仕事とは何か、どのような働き方なのか、課題は何か、といった観点からまとめられている。著者はマッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントやビジネスマンとして働いた後に、社会起業家として活躍する。本書を読めば、本音ベースの社会貢献活動を理解でき、世界の大問題の解決も「はじめの一歩」からはじまることが実感できるはずだ。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2011年08月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

20代からはじめる社会貢献 400社が支援した「社会起業」とは のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月20日

    社会貢献という漠然としたものが具体的に書かれていてとても分かりやすかった。
    特別である必要はない、自己犠牲は必要ないという考え方に敷居が低くなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    一食につき20円の募金で自分もヘルシーになり、アフリカの子供達に給食を食べさせることができるという活動をしてるTable For TwoというNPO団体代表の作品。

    団体の活動内容よりは、社会貢献とは何か、どうあるべきかということをテーマに語っている。

    ページ数は少ないけど、分かりやすい言葉で大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月29日

    テーブル・フォー・ツーの活動に興味があったので読みました。代表理事の普段の業務や困難な点など細かく書かれており、イメージしやすかったです。このような社会的事業について、もっと広く知っていきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    Table For Two(TFT)代表の小暮さんの著書。友人がTFT活動を行っていたので、前々からTFTに関心を抱いていたため、手に取ってみました。
    未だに日本において十分に認知されていないソーシャル・セクターについて、小暮さん自身の体験をふまえて、非常にわかりやすく説明しております。
    読みやすく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月06日

    社会起業家(チェンジメーカー)に必要なスキルや、心構えがわかりやすく書かれている◎持続させれば社会は変わる。持続させる為に利益を上げる。ゴールを決めるからぶれない。至って当たり前だが認知されていない事を実経験を元に解説しいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月17日

    2011年46冊目。


    「『20円』で世界をつなぐ仕事」が自分にとっての青信号だったのに対して、
    本書は良い意味で黄色信号。
    「進むな」という意味ではなくて、
    「一度立ち止まって、再前進の準備を整えよ」と言われた気がした。

    大学連合という舞台から事務局インターンに重心をシフトした身として、
    前作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月16日

    【目次】
    序章 震災後のボランティア
    第1章 二十円でできる社会貢献とは?
    第2章 新時代のソーシャル・セクター
    第3章 社会起業家になるということ
    第4章 社会起業家はどんな仕事をしているのか
    第5章 できる範囲で取り組む社会貢献
    第6章 社会的事業に参加してみよう
    終章 本との出合いが人生を変え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月20日

    先日読んだ「“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事」の著者の本です


    Table For Two(TFT)代表の著者が思う「社会貢献」とは、
    という本です。
    本書のほうが、より著者の熱い想いや、ビジョンが色濃く出ていると思います。なぜ、やるのか?ではなく、す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月10日

    Table for Two代表理事の小暮さんの著書。
    社会貢献の不明点に対して、一般人の視点で書かれている。
    かゆいところに手が届くといった印象。

    もちろん定義は人それぞれなので、小暮さんの思う社会貢献に対しTFTを一例としながら解説している。
    さくっと読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月02日

    「自分ではなく社会のために働きたい」
    「会社で出世するよりも社会起業家として成功したい」
    そういう若者が最近増えているのを実感します

    「会社に貢献し利益から給与をいただく」から
    「社会に貢献し善意の寄付からお金をいただく」
    こんな仕組みの大転換だが日本ではどうしても馴染みが薄い

    著者の団体(テー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています