井原高忠 元祖テレビ屋ゲバゲバ哲学

井原高忠 元祖テレビ屋ゲバゲバ哲学

作者名 :
通常価格 1,029円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『光子の窓』『あなたとよしえ』『11PM』『九ちゃん!』『巨泉・前武ゲバゲバ90分!』。日本テレビのディレクター、プロデューサーとして、テレビ史の中できらきらと輝く名番組を次々と世に送り出した後、50歳できっぱり会社員生活に別れを告げた伝説のテレビマン、井原高忠。その番組、その生き方で、人々のあこがれを集めてきた男は、どうやって人生を切り開いてきたのか。ハイソサエティの香りに包まれて育った幼年時代から現在のアメリカ生活に至るまでの歩みをたっぷり語る。こよなく愛するショウビジネスについて論じた、ヒッチコック・マガジンでの連載『ショウほど素敵な商売はない』も収録。

ジャンル
出版社
愛育社
ページ数
308ページ
電子版発売日
2011年07月22日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

Posted by ブクログ 2014年04月20日

ストーリーとしての競争戦略の楠木健さんがベタ褒め。名プロデューサー、ナベプロとの熱い戦い、そして、潔い辞め方。今は悠々自適。仕事人、プロデューサーの仕事ぶりは勝つても負けても物語になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月15日

東大生協で注文購入。7月14日(火)
日本のテレビ番組「バラエティ」というカテゴリーをアメリカから輸入し、今から40年前に伝説の番組を構想「巨泉・前武ゲバゲバ90分!」私は神戸文彦氏にディレクターとは何かを御教授いただいたが、氏の名前も登場する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月07日

己より優れたるものを周囲に集めることに秀でるべし。カーネギーはいうが、井原はただ優れているだけではだめ。僕の発想と違ったら駄目なんだ。という。大事なのは、運、ゴマすり、努力とも。そうとうな努力家なのだろう。表現の自由というのは、色々考えた揚げ句、確信をもって、こうゆうものを作るという自由。大事なもの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play