「通貨」を知れば世界が読める “1ドル50円時代”は何をもたらすのか?

「通貨」を知れば世界が読める “1ドル50円時代”は何をもたらすのか?

作者名 :
通常価格 750円 (682円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜ我々は「円高・円安」に一喜一憂しなくてはならないのか、そもそも「通貨」とは何なのか……。そんな壮大なテーマを、人気エコノミストがわかりやすくも刺激的に説いていくのが本書。◎そもそもの通貨の意味とは? ◎基軸通貨を巡る各国の争いの歴史 ◎ドルの覇権はすでに終わっている!? ◎ユーロは次世代の基軸通貨になりえるか? ◎「1ドル50円」時代はいつ来るのか? ◎通貨の未来、そして円の未来とは? など、面白くて読む手が止まらないトピックスが満載。知的好奇心を満たすのはもちろん、明日のビジネスにも必ず役立つ内容。本書を読めば、円高・円安に一喜一憂する必要がなくなる!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年06月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

「通貨」を知れば世界が読める “1ドル50円時代”は何をもたらすのか? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月07日

    これ、面白かったです。
    基軸通貨をラインの黄金の指輪に見立て、その変遷を説明しているのですが、読み物として、面白い。

    何も知らない私には、大変勉強になりました。

    そして、金について考えさせられますね。通貨とはなにか。まぁ答えが書いてあるわけですが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月15日

    ニーベルングの指環の話になぞらえて、これまでの基軸通貨の移り変わりとその中での日本の「円」の立場や果たしてきた役割をまとめてくれてて、非常にわかりやすく、著者の明晰な感じがとっても伝わってきました。
    そして、歴史が繰り返すわけについても、深い洞察で「確かにな」と思いながら読み進めることができました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月13日

    外国為替と通貨についての総論として読みやすく完成度が高い。いままで漠然としていた円高の問題のほか、以下のようなタームが理解しやすい。

    シティ(イングランド銀行)、金本位制度、ブレトンウッズ体制、基軸通貨、ニクソン・ショック、グラス・スティーガル法、ボルカーショック、レーガノミックス、プラザ合意、ブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    基準通貨の歴史を繙く。アメリカの経済はITと金融が支えていたが、それが崩れ去った今、オバマ政権は輸出立国をめざすことで「ドル安」を容認。1ドル50円なると予測。
    基準通貨なき時代、世界最大の債権国である日本だけが果たすことのできる隠れ基準通貨役割は重大だと!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月12日

    自分用キーワード
    チューリッヒの小鬼 三国通貨協定 ブレトン・ウッズ体制 バンコール スターリング諸国 ニクソンショック グラス・スティーガル法 ボルカーショック プラザ合意 アルフォンス・ドーデ『最後の授業』 マーストリヒト条約 カウンター・パーティリスク サブプライムローン証券化が問題だった 比...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月22日

    基軸通貨をめぐる歴史をたどり、ドル・ユーロ・人民元そして円の力を解説。そして来たるべき通貨として、新しい「共通通貨」と、「国内向け通貨」そして「地域通貨」の3D通貨秩序を提案する。また当然だが、氏のアベノミクス批判がしっかりとした通貨歴史認識に基づくものであることが理解できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月13日

    1ドル50円という裏付けはないのが弱いが、全体として通貨について知ることができて知識が増えた。貨幣と通貨の違い、通貨は足がある。その足が長いものが基軸通貨になりえる。ポンドからドルへ、そしてドルの凋落、円の底チカラ、これから。世界に開いたポンド、イングランド銀行が戦争を機に、自国に向かざるを得ず、凋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月26日

    通貨自体は数あれど、世界中で決済や貨幣価値を図るモノサシとして使われる基軸通貨の性質と在り方を問う本。

    基軸通貨の歴史を概観し、それを踏まえて今後の日本円の在り方を考察している。

    経済学や世界史にあまり詳しくない私でも特に引っかかることなくスラスラと読めた。

    わかりやすい記述で1ドル50円時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

     ビジュアル系エコノミスト浜矩子先生の著書なので心して読みました。
     ポンドからドルへの基軸通貨の移行、イケイケで世界を振り回したアメリカ経済、高度成長とバブル崩壊以降の円の振る舞いと役割、華麗なるユーロの台頭と挫折、ドルの轍を踏むまいとする元のジレンマ・・・経済主要各国の通貨とその移り変わりは、ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月31日

    筆者は経済問題のトーク番組に割合と顔をお見かけするかたです。辛口のコメントと印象深い顔立ちやファッションのせいもあり、まとまった論旨を知りたいと思っていたら、タイミングよくこの本を見つけたので早速読んでみました。副題にもあるように、1ドル50円時代もまさかのことではなく現実に起こりますよ!と根拠をひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています