「つながり」を突き止めろ~入門! ネットワーク・サイエンス~

「つながり」を突き止めろ~入門! ネットワーク・サイエンス~

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「企業でも産業でも国家でも、データさえあれば、それこそ疾病、自殺、天下り、何だってネットワークとして分析してみせる」という著者が、最新研究の「怖さ」と「魅力」をわかりやすく紹介する。私たちが、社会のさまざまな関係構造にどのように対峙し、関係情報に振り回されることなくそれを活用しできるのかを科学的に検証しており、ネットワーク社会を生きていくためのヒントに満ちあふれた一冊。【光文社新書】

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
ページ数
254ページ
電子版発売日
2011年08月05日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

「つながり」を突き止めろ~入門! ネットワーク・サイエンス~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    新感覚で読み応えがある1冊
    連鎖関係やネットワーク関係をデータを基に書いている。恋愛関係の包囲網を分析してるのは面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月24日

    社会ネットワーク分析の本。
    人と人とのつながりの広がり方やつながりの特性を言語化しようとするもの。

    ネットワーク分析は、会社内でのハイ・パフォーマーのネットワーク形成と行動特性の分析に利用できると思ったら、感染症の広がり方やゲリラの分析にも利用できる汎用性の高い分析手法。

    悪用すれば悪徳商法に転...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月16日

    日本の論壇に立つネットワーク・アナリストとしてはおそらくトップの中の一人。安田雪が新書で「つながり」の神髄を語る。何故、人は繋がるのか。あまりにも、遠大な命題にmixiや元カノと友達といったポップな話題を切り口に挑む。
    一番のおすすめは・・・あとがきということは秘密!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月09日

     ネットワークサイエンスという学問についての入門書です。ネットワークサイエンスに取り組む、著者の姿勢など色々と参考になる点も多かったです。少し自伝的な内容も含んでいますね。
     ネットワークサイエンスとは、たとえば、私と世界中の貴方は大体6次元のつながりを介せば知り合いになれるといったスモールワールド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月18日

    面白かった。
    ネットワークサイエンス。ソーシャルメディアから、HIVの感染、テロリストの捜索まで、様々なネットワーク(つながり)を研究している。著者は人の人格を決めるのもネットワークだと言う。たしかにそういうところもあると最近出席したグループインタビューで、そう思っていたので、納得。
    でも、この著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月15日

    「カレシの元カノの元カレを知っていますか?」このセリフに見覚えのある人は多いと思う。エイズ検査に使われていたフレーズである。ネットワークサイエンスというと、ピンとこない人も多いだろうが、つまりモノやヒトの連鎖の科学であり、上記のフレーズはヒトの連鎖を端的に表している。本書ではあるSNSを例にあげてヒ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月15日

    Social Network
    専門学術誌

    マーク・ブキャナン『複雑な世界、単純な法則』
    →スケールフリー

    Burt,1994
    構造的空隙論
    むしろ、今存在しない関係の空隙を見つけ、関係を橋渡しする位置を占めよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月17日

    その人について知りたければ、その人ではなく、その人の人間関係を見ればいい。なるほどと思った。この本は、人間関係のネットワークを専門にする分野について書かれている。small worldや6という数字との不思議な関係など、人間関係において、不思議な法則らしきものがいくつかあることに驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月19日

    ネットワークサイエンスについてあれこれ紹介してくれる本。
    といっても総合的な解説というよりは著者のこれまでの研究とか思い出を中心に語る感じ。
    文系の社会学の研究と理系のネットワークとの予算や機器の違いなんかは「まあそうだろうなー」という感じで文系の研究費の低さを改めて実感。


    繋がりの中でも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月29日

    ネットワークサイエンスという学問をご存じであろうか。9・11以降米国では、犯罪捜査と軍事関係の仕事をするネットワーク研究者が膨大に増えているという。
    ただネットワークサイエンスが身近なものでないかと言えば全くそういうことではない。本書を読めばいかに日々ネットワークサイエンスの分析対象の中で生きている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています