小さな「ことば」の大きな力――元気が出る、勇気が湧く、やさしくなれる ことばの泉

小さな「ことば」の大きな力――元気が出る、勇気が湧く、やさしくなれる ことばの泉

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

何かと考えごとや迷いごと、心配事の多いなか、それでも毎日の暮らしは繰り返されていきます。こうした毎日のなかで、何かできることはないか。そう考えたとき、「ことば」によって少しでも励ましや慰めを伝えられたらとこの書籍を企画しました。たとえばアインシュタインのことばなど、偉人の名言集は多々ありますが、本書ではスペースの許すかぎりたくさんの方を紹介。とくに第四章は「1分で知る、500字で読める」話です。若い読者の方に、憧れやロールモデルを見つけてもらえれば素敵だなと思います。……著者より
全体構成、
第一章 いつも元気に暮らすための「ことば」
     シスター ジャンヌ・ボッセさんのことば
第二章 やさしい気持ち過ごすための「ことば」
     シスター 江角ヤスさんのことば       
第三章 自分自身を見つめるための「ことば」 
     神谷美恵子さんの「ことば」
第四章「ことば」の泉 
     古今東西 活躍した・女性59人のことば

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
208ページ
電子版発売日
2022年04月22日
紙の本の発売
2022年04月
サイズ(目安)
2MB

小さな「ことば」の大きな力――元気が出る、勇気が湧く、やさしくなれる ことばの泉 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年06月02日

     普段読まないエッセイを読んでみた。
     「平和」などと言われると、以前なら左翼っぽいとか感じて遠ざけていたかもしれないが、最近はそれはそれだと割り切って考えられるようになったおかげで読むことができた本かも。
     芦田愛菜の言葉が一番響いたかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

扶桑社BOOKS の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング