フーバニア国異聞 水の国の賢者と鉄の国の探索者

フーバニア国異聞 水の国の賢者と鉄の国の探索者

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

隣国フーバニア偵察を父に命じられた、人呼んで「役立たずの男」、画家志望の青年エラード。唯一の資料、100年前に書かれた地誌を頼りに出発するも、巨大な鳥や蜻蛉が跋扈する不思議の国で旅は苦難続き。彼の窮地を救ったのは……

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELSファンタジア
ページ数
279ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

フーバニア国異聞 水の国の賢者と鉄の国の探索者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    フーバニアはたくさんの不思議であふれてました。
    綺麗だけれど恐ろしい、意思を持つ自然。
    もっと未知なる世界をのぞいてみたかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    霧の向こうにある、隣の国。
    そこがどんなところなのかを、行って見て調べるのが
    主人公のしなければいけない事。
    やっとの思いで行く事を決意したというのに
    着いてそうそう奇妙なものばかりに遭遇しています。
    巨大なキノコ、肉食と思われる鳥に、街の城壁かと思うほど
    大きな蜂の巣。

    主人公が暮らしている国が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    のんびり、ほのぼの…と見せかけて、後半は、しばしば背筋が寒くなりました。
    のどかな田舎生活は、自然を知り、共存できて初めて成立するものなんだなぁ…と。
    …にしても、「指輪物語」のシェロブといい――やっぱり、「あれ」はファンタジーに欠かせないんだろうか(涙)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月19日

    『フーバニア国異聞〜水の国の賢者と鉄の国の冒険者〜』作:縞田理理
    初版発行:2008,10,25
    発行所 :中央公論新社
    登場人物:エラード・グレンリー
         本編主人公。男。画家。隣国、フーバニア国の探索を命じられる。
         ネイリン・エインズワーズ
         フーバニア国でエラードを世話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月19日

    ちょっと物足りない気もするけど、風変わりな動植物の描写が面白かった。後半は割とシビアな展開でしたね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月14日

    近世風ヨーロッパ風の世界。
    役立たずといわれた主人公が、謎の島フーバニアに渡り現地の人々と交流するが、帰国後の報告書を元に侵略が開始される。島の意思と動植物が侵略軍を排除する話。
    基本的には、ほのぼの系で、小動物がかわいい。話の筋自体は良くある感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています