有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房

有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房

作者名 :
通常価格 469円 (427円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

みなさんお元気でしょうか? お元気だからおいでくださったのです――独特の名調子による漫談で、一躍“中高年のアイドル”となった著者。そんな著者による話題沸騰のベストセラーが、ついに電子書籍化!「種馬」とアダナされた少年時代から、キャバレー司会・歌手専属司会を経てブレイクするまでの波乱万丈記と、鋭い風刺と毒舌で抱腹絶倒の爆笑ライブ4話を収録。貴重写真も大公開。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    子供の頃、隣んちの植木職人のおじいちゃんが、スペースシャトル打上げ成功のニュース観て、
    ”年寄りみぃんなこれに乗っけて宇宙おっぽっちゃえばいいんだ”
    と言ったら、すかさず奥さんが、
    ”真っ先に乗せられるのはあんただよ!”
    と言ってたのは面白かったなぁ。

    きみまろさんのお客さんもみんな他人事だと思っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月22日

    暇つぶしに読んでいました。
    きみまろさんの長~い下積み時代や現在のこのスタイルの話し方になった経過を知ることができます。子どもの頃やキャバレーで司会をしていた時の秘蔵写真を見ることもできます。この一冊で良い意味できみまろさんを見る目が変わってくると思いますよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中高年向けの漫談を本にまとめたもの。
    1回読むと少し飽きるが、
    1回目は大爆笑。(お前はババアかっ!)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月07日

    子供のころのあだ名は種馬。
    キャバレーが汁をたっぷり吸い込んだ漬物を投げられる。

    などなど、自身のこれまでの人生についても面白く書いてある。
    ネタもあるし、十分楽しめる。

    面白く、品がある人。
    きみまろさんらしい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています