反・鈍感力

反・鈍感力

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

急速な近代化によって「なぜ」「どうして」を放棄し、都合の悪いことには「仕方ない」と目をつぶってきた日本人。いま日本人に必要なことは「鈍感力」ではなく、「感じる力」を磨くこと。観察することを職業とした写真家が、スポーツ、道具、俳句、映画、音楽、写真などから豊富な例をあげながら、未来への警告を鳴らす。浅井流「モノの見方」の裏に、本当の幸せを探すヒントがいっぱい。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

反・鈍感力 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年09月15日

    渡辺淳一著「鈍感力」に対抗しているのか。浅井慎平氏は日曜朝のサンデーモーニングでもお馴染みの有名な写真家。自分探しってある時期になると若者たちは一斉にやりたがるんだけど。ボクもそのクチだったからあんまり言える立場じゃないけど。著者が言ってるように自分を探すんじゃなくって人を知るとか他人の中に映る自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月17日

    著者である浅井愼平氏は、私の母校(中学・高校)の出身者の中で、おそらく一番の有名人である。一番の有名人といっても、あまり有名でないのが悲しいのだが…。プロの写真家として昔から活躍しており、私が中学生の時、文化祭で彼の講演会を聞いた記憶がある。
    ちなみにこの本は、題名こそ渡辺淳一氏の「鈍感力」へのアン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一体この本の主題は何だろうと思うほど、内容が複雑である。美術論でもあり、社会学でもあり、多くのことが書かれているが、終始一貫しているのは、観察力を大切にしたほうがいいということ。
    ただ、複雑とはいえ、丁寧に書かれており読みやすく、勉強になることが多い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています