たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

Google、楽天、ドコモ、任天堂など、成功企業の社員が実践する思考・仕事術とは? 他人の力で“億”の成果を上げる、新時代の組織・チームづくりの秘訣を、「かかわる人すべてを味方にし、何倍もの効果をあげる」アライアンス的仕事術の達人が徹底解説! 上司と部下をもつすべてのビジネスマン必携の書です。かつて駿台一位をとった英語ノート・マスター法など、さまざまな勉強の秘訣もあわせて紹介。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    著者の人をドンドン巻き込んで素晴らしいプラットフォーム、サービスを創出することはすごい!
    やはり、中間管理職として学ぶ部分が多いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月04日

    『一人で1億稼ぐよりも、10人で100億稼ぐ』そんな考え方を養い、実行するための本です。面白くて、非常にためになると思います。

    僕がこの人をのことを知るきっかけになったのはフェイスブックページからで、彼の本を読んで氏が日本興業銀行やNTTドコモで仕事をしてきたということ。そして、皆様もよくご存知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月04日

    平野先生の著書。自分が胴元として皆を巻き込んで、WinWinの関係を築ければ最高。ワクワクしながら読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    カール氏の本。どうも彼は「プラットフォーム」で押していくようだ。「アライアンス」をベースにした、よりビジネスモデルを想起しやすい言葉だけに、今後の展開が読みやすいのだろうか・・・ま、それはともかく、一歩一歩拡張して勢いを増してきているように感じます。すごく腹落ちのする内容で、読後の満足感は高かったで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月06日

    現代社会において、個人としてどのような考え方でビジネスを行えばよいかを筆者の経験をもとに指南している。

    至極真っ当な部分から、筆者の経験に基づいた方法論が書かれており、どのような組織に属している人でも活用できるヒントが多くある。

    個人としての思考方法だが、組織全体として考える思考方法への活用も可...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月24日

    20100323
    面白い。読んで良かった。
    ただ、ビジネスノウハウ本としての過剰な期待を持って読むと、その結論に満足できないかもしれない。

    仕事だから許される、結果儲かれば許される、という二つの傲慢さが共存できた大量生産・大量消費時代は終わり、消費者のニーズはより個別化、複雑化している現代において...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月08日

    良いプラットフォームは、製品ができた際に何十人も「自分が作った」という人間が現れる。

    長期的に利害が一致するのに、短期的には一致しないケースはよくある。そんなときは方針転換が必要。
    相手の話をよく聴き、何がネックになってるか観察する。

    おさいふケータイ普及のために、レジ横のスペースを潰すのがネッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

     「おさいふケータイ」の生みの親、平野氏による「新」プラットフォーム思考のすすめ。

     プラットフォームとは、「場」のことで、場を提供することによって、アライアンスを進めていく、ということ。

     経営戦略としてのプラットフォームからスタートして、それを個人の思考へ、ひいては、勉強法にまで話は及ぶ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    自分に出来ること、出来ないことを明確にし、出来ないところを周りに「手伝ってもらうスキームを作る」という「手伝ってもらう」ではなく、「手伝ってもらえるスキームを自分が作るんだ」という点が斬新で、慧眼的指摘だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月16日

    先日、読んだ著者の本「がんばらないで成果を出す37の法則ーアライアンス人間関係術ー」に続いてこちらも読んでみた。


    普段から人の強みを見つけて、自分の知っている別の知人と引き合わせたら、何か面白いことができるんじゃないかという事ばかり考えている。
    それはビジネスモデルに近いものもあれば、ただ単にワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています