裏ネタ全書~どこか怪しい世間のカラクリ551~

裏ネタ全書~どこか怪しい世間のカラクリ551~

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

業界の裏事情、金儲けの裏道、心理をつく裏ワザ、危険な裏手口、メディアの裏舞台、食物の裏話、モノの裏方、男女の裏腹……。世の中には表があれば必ず裏がある。まさかの裏切りを防ぐために、知っておきたい裏付けされた情報の数々。宴席から修羅場まで、いざというときに役立つ裏ネタを満載。さぁ、この裏表紙を読んだら、本編へどうぞ。(『ネタばらし!』改題)

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
知恵の森文庫
ページ数
346ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

裏ネタ全書~どこか怪しい世間のカラクリ551~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年01月22日

    業界の裏事情、金儲けの裏道、心理をつく裏ワザ、危険な裏手口、メディアの裏舞台、食物の裏話、モノの裏方、男女の裏腹…。世の中には表があれば必ず裏がある。まさかの裏切りを防ぐために、知っておきたい裏付けされた情報の数々。宴席から修羅場まで、いざというとき役立つ裏ネタを満載。



    こういう雑学みたいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    なんでこういうタイトルに惹かれてしまうんだろう
    結局内容みれば

    あ、知ってるよ

    ってことも多々あるんですけど、
    やめられないんだよなぁ、職業柄かしら

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月14日

    「裏ネタ全書」3

    編  エンサイクロネット
    出版 知恵の森文庫

    p150より引用
    “しばらくは、この長文欠落現象、
    どうにも収まりそうにない。”

    世の中にあふれる雑学の中でも、
    少し怪しげな感じのするものを集めた一冊。
    タイトルに示されるような、
    裏ネタといわれるものばかりではなく、
    身近な事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    暇つぶしに買った本。「ビジネスにつながるようなネタはないかなぁ」と。以外にあってもうけw(゜∀゜)!!あと、ホント雑学に強くなりそう!「お坊さんになるにはどうすればいい?」「奈良のシカの『日給』ってどれくらい?」「神社のお守りは大阪の町工場で作られている!!」・・・(。-_-。 ) 暇つぶしにどうぞ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています