琥珀色のダイアリー 杉原爽香十九歳の春

琥珀色のダイアリー 杉原爽香十九歳の春

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

杉原爽香、十九歳の春。大学へ進学した爽香は、家計の足しにと中学生・志水多恵の家庭教師を始める。多恵は、父親が長期海外出張で不在中、継母や父の愛人と、三人で生活するという複雑な家庭事情にあった。そして父の帰国とともに事件の幕が開いた! 春の別荘地で起こる殺人……爽香はまたも渦中へ。恋のライバルまで登場する絶好調シリーズ第5弾!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
321ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

琥珀色のダイアリー 杉原爽香十九歳の春 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    内容(「BOOK」データベースより)
    杉原爽、19歳の春。大学へ進学した爽香は、家計の足しにと中学生・志水多恵の家庭教師を始める。多恵は、父親・国明が長期海外出張で不在中、継母や父の愛人と、三人で生活するという複雑な家庭事情にあった。そして父の帰国とともに事件の幕が開いた。春の別荘地で起こる殺人…。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    若い頃のシリーズを読見始めて

    げんちゃん 2020年05月05日

    最近のシリーズを読み終えたので、若い頃はどうだったのか知りたくなった。歳を重ねた緻密さはないものの、若い頃にふさわしいストーリーになっている。著者が年輪を重ねて行くように杉原爽香シリーズが面白くなって行くように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    多恵の家庭環境が複雑過ぎて、同情しました。最後すべてが分かりますが、ここまで縺れた男女関係も珍しいです。こんな複雑な家庭環境で育っているのに、多恵はかわいらしくて、大好きになりました!!!爽香のような温かい家庭環境で育って欲しかった。今回もまた、爽香の周りでまた殺人事件が起こります。心なしか爽香が大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    杉原爽、19歳の春。
    大学へ進学した爽香は、
    家計の足しにと中学生・志水多恵の家庭教師を始める。
    多恵は、父親・国明が長期海外出張で不在中、
    継母や父の愛人と、三人で生活するという複雑な家庭事情にあった。
    そして父の帰国とともに事件の幕が開いた。
    春の別荘地で起こる殺人…。爽香はまたも渦中へ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     爽香19歳。とうとう河村刑事と安西先生が結婚だ。兄一家はというと大阪へ転勤である。
     爽香は多恵という中学生の家庭教師を始めた。
     多恵の家族が5月の連休に軽井沢旅行に行くといい、爽香まで付いていくことに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月04日

    主人公の爽香が、父親は長期海外出張、継母と父の愛人の三人で暮らしているという少女、多恵の家庭教師を始めたところから物語が始まる。
    後半、急展開になって少々せわしないが、本筋の物語の脇でいろいろと違う話も進んでいってなかなかおもしろかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月31日

    爽香シリーズ19歳の春。シリーズ第5弾爽香、十九歳の春―大学へ進学した爽香は、中学生多恵の家庭教師を始める。何か複雑な事情がある家のようだ。そして殺人が…。爽香はまたもや渦中へ!?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月03日

    杉原爽香の行くところ事件あり。
    明るい前向きの性格が、どこから出て来るのだろう。
    女性の強さをうまく表現していると思う。

    男性陣のふがいなさが、残念。

    家庭教師先の志水多恵が事実上の主人公。
    志水多恵の父,義母,秘書。

    軽井沢の別荘での事件。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年10月18日

    爽香も家庭教師とかしちゃって、布子先生と河村刑事もとうとう結婚かー。
    それにしても多恵の家庭が複雑すぎてかわいそう。
    別荘ではエラい面子が集まっちゃってるし、秘書さんとか内田さんがまたさらに引っ掻き回してるし。
    あの子が抱きしめていた日記帳が切ない。
    ところで明男はいつまでヘタレなの?
    明男ママがい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています