一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

歯に衣着せぬ物言いで一躍「怖い女」になった蓮舫氏。政治家と双子の母を両立する彼女は何を思い、何を成し遂げようとしているのか。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

一番じゃなきゃダメですか? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年08月18日

    厳しい評価が多いですが、私は面白いと思いました。
    いろいろ誤解もあると思いますが、彼女はかなり勉強して
    事業仕分けに取り組んだということは分かるので。

    もちろん、研究者としては、事業仕分けは厳しかったですけどね。。。
    大学業界も改善の努力は必要だと思ってますから、これを契機に
    変えていければ、と思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月05日

    確かツイッターでこの本のPDF無料版が公開されていることを知り、ひとまずダウンロードしたのですが気付いたら半年間も温めてました。私は別に蓮舫支持者ではなく、読もうと思ったきっかけは単純に無料だったからです。また、マスメディアの影響で過度に注目を集め一人歩きした「一番じゃなきゃダメですか?」という言葉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月21日

    ゴーストが書くのかと思って期待していなかったけど、蓮舫さんの考え方が分かって面白い。言いたかったことは、自己主張をしなさいということと、理念や目標を共有したうえでどう実行するかの方法論をよく議論しましょうよ、とのこと。仰るとおりですね。日々の方法論で理念や目標を見失わず、効率的かつ幸せな仕組みを創り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月23日

    101023 五年先の自分をイメージして、流されない、自分を曲げない。
    自分の意見を持つ。ぶつかる。
    自分の主張、妥協、協働のトレーニング。
    蓮舫の個人的な事も紹介されており、考え方やその背景が分かる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月14日

    中華系のノモス観が、近代的国家を無視してもいいと言ふのは支那人のかっこいい所であるが、
     村田って言ふと怒られるらしい、蓮舫先生の帰属する「台湾」は、本著を読む限り、支那とかアジアとかでなくて、アメリカっぽいといふ、何だかなぁな感じがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月29日

    「流されないように、5年単位で物事を考えるようにする。」
    「自分の意見を持つこと、意見をもってそれに対して責任をもつこと。」
    「勉強を少しずつ積み重ねたことが、今の基礎になっている。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月08日

    著者について知ったこと
    ・単なるタレント議員じゃなくて海外留学経験とジャーナリスト経験があるんですよ。
    ・父が台湾人で母が日本人、日本で生まれ育ったので台湾語が堪能なわけではない
    ・双子の母
    ・芸能界入りのきっかけはクラリオンガール
    ・一番じゃなきゃダメですか?へのお役人のコタエハ「夢です」だった
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月11日

    蓮舫推しだったが、本については恵まれた生い立ち、タレント時代の自慢が多く読んでいてがっかり。
    政治家の評論としても、タレント本の一種としても中途半端。

    評価する点があるとしたら、メディア出身者でありながら既存メディアを批判し、
    「政治の可視化」としての新規メディア活用の重要性を説いている姿勢は面白...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月10日

    噂の蓮舫さんの仕分けへの姿勢を追いながら、彼女の人生観を書いた本。

    正直、読む前はあんまいい印象もってなかったけど、読んで変わりました。

    多少視点は偏っているものの、原体験がしっかりあって芯のある強い人だなぁと思います。

    同時に、既存メディアの恐ろしさを改めて感じた1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月29日

    「一番じゃなきダメですか?」発言の理由を知りたい方は、ぜひ読んでください。この本に答えが書いてあります。

    とはいっても、「政策うんちく語り本」ではなく彼女の生い立ちをメインに、民主党政権での活動や政策を説明しているので、政治初学者でもサクサク読めます。読んだ女性の多くが、「蓮舫推し」になってしまう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています