執行猶予(1)

執行猶予(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

作品内容

ドイツ占領下のフランス。主人公のジュリアンは強制労働から逃げ出し、故郷に潜伏する。
『赤いベレー帽の女』でパリのレジスタンス運動を描いたジブラが贈る戦時下のもうひとつの物語。
1943年初夏、ドイツ占領下のフランス南部の村カンベラック。
村の青年ジュリアン・サルラはドイツへの強制労働行きを逃れてこっそり戻ってくるが、彼の乗っていた列車が彼の脱走直後に爆撃されてしまう。
彼の身分証明書が別の青年の遺体の上で発見されたため、ジュリアンは死亡したことになる。
以来彼は広場に隣接する空き家の屋根裏に身を潜め、鎧戸の隙間から村人の営みを覗き見るようになる。
親独派民兵のセルジュ、同じく親独派のエドゥアール・ブイスー、反独派のバジル、カフェの店主フェルナン、神父、そして恋人セシル…。
里を抜けて信長を探す旅に出るはな。里帰りに向かう伍郎と二人連れ立ち辿り着いた尾張の街で、はなは妖術を知る謎の山伏と出会う…

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
EUROMANGA
ページ数
59ページ
電子版発売日
2021年12月23日
サイズ(目安)
191MB

関連タグ:

新刊オート購入

執行猶予(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

執行猶予 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 執行猶予(1)
    660円(税込)
    ドイツ占領下のフランス。主人公のジュリアンは強制労働から逃げ出し、故郷に潜伏する。 『赤いベレー帽の女』でパリのレジスタンス運動を描いたジブラが贈る戦時下のもうひとつの物語。 1943年初夏、ドイツ占領下のフランス南部の村カンベラック。 村の青年ジュリアン・サルラはドイツへの強制労働行きを逃れてこっそり戻ってくるが、彼の乗っていた列車が彼の脱走直後に爆撃されてしまう。 彼の身分証明書が別の青年の遺体の上で発見されたため、ジュリアンは死亡したことになる。 以来彼は広場に隣接する空き家の屋根裏に身を潜め、鎧戸の隙間から村人の営みを覗き見るようになる。 親独派民兵のセルジュ、同じく親独派のエドゥアール・ブイスー、反独派のバジル、カフェの店主フェルナン、神父、そして恋人セシル…。 里を抜けて信長を探す旅に出るはな。里帰りに向かう伍郎と二人連れ立ち辿り着いた尾張の街で、はなは妖術を知る謎の山伏と出会う…
  • 執行猶予(2)
    660円(税込)
    ドイツ占領下のフランス。主人公のジュリアンは強制労働から逃げ出し、故郷に潜伏する。 『赤いベレー帽の女』でパリのレジスタンス運動を描いたジブラが贈る戦時下のもうひとつの物語。 1943年初夏、ドイツ占領下のフランス南部の村カンベラック。 村の青年ジュリアン・サルラはドイツへの強制労働行きを逃れてこっそり戻ってくるが、乗っていた列車が彼の脱走直後に爆撃されてしまい、死んだことになってしまう。 以来彼は広場に隣接する空き家の屋根裏に身を潜め、鎧戸の隙間から村人の営みを覗き見るようになる。 民兵やドイツ軍によって穏やかな村にも緊張感が漂うが、彼の関心事は戦況よりもむしろ恋人セシルの動向だ。 秋にドイツから帰還した若い医師ポールと親しげなのも気に入らない。 大晦日、外出したジュリアンは雪のせいで隠れ家に戻れなくなり、セシルの家の納屋で凍えそうになりながら年を越す。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング