革命家の午後
  • 完結

革命家の午後

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

逃れられない魔力。少々マヌケな革命家、怖ろしき砂漠の魔女、気弱なイケメン吸血鬼......魅力的な人物達が闊歩する、圧倒的刺激的な5ストーリーズ

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
マンガ・エロティクス・エフ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

    Posted by ブクログ 2012年01月12日

    所々に差し込まれるメタな目線が心を浮つかせる。
    この世界が夢だとしても、
    「愛している」と言える誰かと巡り会えることが出来たら、
    少しは救われるような気がする。

    そんな気持ちになれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月12日

    歪んだ世界とモラルの崩壊。
    世界の混沌に順応するのなら、狂気は正常なこと。
    狂人たちのネバーランドです。
    この猥雑さに嫌悪感を抱かないのは、人間のいかがわしさを、信念や欲望に踊らされる弱さを、汚濁にも適応するしぶとさを、作者がこよなく愛しているからだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月13日

    エロい女性のお尻を書く才に本当に長けていると思った。
    テーマは「エロと死」?最初の話が完成度高くて好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集。最後の1本だけビッグコミック・スピリッツで、他はマンガ・エロティクスF掲載。
    絶妙なストーリーテーリングの表題作と「砂漠の魔女」が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月22日

    よ、よくわからんな……

    絵も話も下手なのか上手いのかよくわからない不思議な塩梅。現在連載中の「地獄のアリス」が面白かったんでかってみたけど、つまらないというよりよく分からない一冊だった。砂漠の魔女とか特に

    でも竹山くんの日常は面白かったな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    次郎漫画ではこれが一番好きだったかも。
    一番むずかしそうな見た目だけどそんなこともないし。
    読むたび、吸血鬼のタッキーがすきになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    漫画家によって長編は面白いけど短編はいまいち、という場合が割と多い今日この頃ですがこの作者の場合どちらも秀逸。

    「フリージア」よりさらっと読めるし、松本次郎の世界観お試し版といったところ。

    個人的に吸血鬼の話が好きだなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています