凍った太陽 高城高全集2

凍った太陽 高城高全集2

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

入院中、同室となった男に、盛り場で雀荘を経営する妹の安否を確かめてほしいと頼まれた大学生の〈私〉は、戦後の焼け跡が広がる仙台の街を、彼女の影を追ってひたすらにさまよう。米兵相手の特飲街に、彼女はいた。だが、そこには危険な男たちの影がうごめいていた――。米兵が闊歩する戦後の仙台を舞台に、日本ハードボイルドの黎明を飾った「X橋付近」ほか、日本人娼婦と米兵の炎熱の夏の悲劇を乾いた筆致で活写した「ラ・クカラチャ」、北海道の原野に消えた友の追跡行を描く「淋しい草原に」、そしてひとりの〈運命の女〉を追う連作「由利」シリーズなど11作品に、エッセーも収録した、高城高、珠玉の短編集!

ジャンル
出版社
東京創元社
ページ数
465ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

凍った太陽 高城高全集2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月05日

     2008年に創元推理文庫の面目躍如とばかりに出版された高城高全集全四巻本の、これは第二巻。第一巻は、創作第一期(1955~1970年)に書かれたものでは唯一の長編小説『墓標なき墓場』。第二巻は、東北大文学部在籍中に『宝石』の懸賞に応募して一位を受賞した『X橋付近』を初め、当時比較的陽の当たった作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月07日

    日本ハードボイルドの黎明期を支えた作家・高城高の
    名編11編にエッセイ3編を収録した作品集。

    入院中、同室となった男に、盛り場で雀荘を経営する妹の安否を
    確かめてほしいと頼まれた私は、彼女を追い調査をするが、
    会う約束を取り付け、時間に訪れた私の前に
    彼女は死体となって現れ――「X橋付近...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

    解説にもある通り、原石と評したくなる粗削りな作品群。酒の香りと、昭和の木造家屋の匂いを漂わせる、無骨な作風がいい雰囲気を作っている。ハードボイルドと銘打って世に出すことができた、ジャンルが若かった時代の特権とでもいうべき愚直なハードボイルド。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年05月22日

    『X橋付近』
    入院中同室になった松川精二から妹の様子を訪ねるように頼まれた高城。教えられた住所に妹の牧玲子はいない。ようやく探し当てた玲子。翌日再び来るように言われ訪れた高城か発見した玲子の遺体とヘロイン。

    『火焔』
    映画館で警察に包囲された不良たちの向こう見ずな行動。

    『冷たい雨』
    石原探偵事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

高城高 のこれもおすすめ