ヤマケイ文庫 マタギ 日本の伝統狩人探訪記

ヤマケイ文庫 マタギ 日本の伝統狩人探訪記

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

動物文学の第一人者・戸川幸夫が昭和20~30年代に秋田県阿仁を訪れ、
山の戒律を受け継ぐ最後のマタギたちを記録したノンフィクションの名作を文庫化。

マタギたちとともに行き部会山に入って狩猟の現場を取材し、
往時の集落を訪れて衣食住や風習、マタギのルーツなどを精緻な文章と豊富な写真で記録した。

マタギのシカリ(頭領)の家に代々伝わっていた『山達根本之巻』の原文と現代語訳も公開。

■内容
雪山をゆく
秋グマ狩り
狩座にて(マタギを追って/クマの行動/シロビレタタケ!)
マタギの風土
根子スケッチ
マタギの里(最後のマタギ村/根子紀行/村の移ろい)
秘物と信仰
狩り装束と道具
山入り
現代のマタギ
マタギ風土記(始祖万事万三郎/山神さま/マタギ組/山達作法/当世マタギ/名うてのマタギ)
盆と正月
根子番楽
里のくらし
村の歳時記(行事・祭事/村のしきたり)
鷹狩り
名鷹匠と愛鷹
鷹匠――ひとりマタギ(名鷹匠・沓沢朝治/吹雪と老人)
備考
あとがき
解説 田口洋美

■著者紹介
戸川 幸夫(とがわ・ゆきお)
1912年、佐賀県佐賀市生まれ。動物文学作家。旧制山形高校出身。
東京日日新聞(現毎日新聞)社会部記者を経て、文筆活動に入る。
1954、『高安犬(こうやすいぬ)物語』で第32回直木賞受賞。
1965年、沖縄・西表島でイリオモテヤマネコを発見。1978年、第28回芸術選奨受賞。
主な作品に『高安犬物語/爪王』『子どものための動物物語』『戸川幸夫動物文学全集』などがある。
2004年5月、逝去。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
山と溪谷社
掲載誌・レーベル
ヤマケイ文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2021年09月18日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
28MB

ヤマケイ文庫 マタギ 日本の伝統狩人探訪記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    戸川幸夫『マタギ 日本の伝統狩人探訪記』ヤマケイ文庫。

    動物文学の第一人者である戸川幸夫が昭和20から30年代に秋田県阿仁の最後のマタギの生活を記録した非常に興味深いノンフィクション。

    東北の奥羽山脈のごく一部の地域で厳しい狩猟の掟を受け継ぎ、自然の中で自然と共に生活するマタギ。実際にマタギたち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ヤマケイ文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング