プロジェクトX 挑戦者たち 熱き心、炎のごとく  腕と度胸のトラック便翌日宅配・物流革命が始まった

プロジェクトX 挑戦者たち 熱き心、炎のごとく 腕と度胸のトラック便翌日宅配・物流革命が始まった

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和51年に誕生した宅急便。「電話一本で翌日配達」を売り物にドア・トゥ・ドアで荷物を届ける画期的なシステムである。戦後最大のサービス革命と言われ、日本人の暮らしを一変させた。
 宅急便を始めたのは、深刻な経営危機に直面していたヤマト運輸。二代目社長・小倉昌男(50)が社運を賭けて決断した。成功の鍵は全国津々浦々に拠点を作るネットワークだった。

 コストがかかる個人相手の輸送はリスクが高く不可能というのが業界の常識だった。しかし、長年の取引先から撤退して宅急便に賭ける小倉の気迫にドライバー達は奮い立つ。
 最も営業が難しいと見られた北海道を任されたのは、トラック運転手・加藤房男(27)。広大な北海道で、どうしたら不特定多数の家庭から効率よく荷物を集められるのか。行き詰まる加藤を支えたのは、自分の町にも来て欲しいという住民達の声だった。「待っている人達がいる限り絶対に諦めない」。加藤は全道に営業所の「のぼり」を立てることを夢見て奔走する。

 更に、国が立ちはだかった。運輸省は、それまでの常識を次々と覆すヤマト運輸に対し、免許を認めなかった。
 ヤマトは運輸省を相手にどう闘いぬくのか? 戦後から続いた規制行政にいかに風穴を開けるのか? 北海道全域にのぼりを立てるという加藤の夢は叶うのか・・・?

  物流を劇的に変える新サービス・宅急便を全国に普及させた男達の15年のドラマを描く。

ジャンル
出版社
NHK出版
ページ数
328ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

プロジェクトX 挑戦者たち 熱き心、炎のごとく 腕と度胸のトラック便翌日宅配・物流革命が始まった のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    政府にまで勝った経営者の物語

    はまじ 2020年02月08日

    小企業が大企業に成長する過程において遭遇する様々な障壁を乗り越えて、日本社会を変革した民間人の英雄の物語。しかもフィクションではなく実話であり、最後は運輸省をも訴訟し屈服させるという矯激なヤマト運輸社長の情熱には圧倒された。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています