二十才の微熱

二十才の微熱

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「僕がなりたいものは、なんでもないもの」19才、島森樹(たつる)。昼はごく普通の大学生。夜はアルバイトで二丁目の少年売春クラブで、からだを売っている。家族からも、友達からも浮遊し、誰も愛さず、誰も憎まない。とどまる場所を探しながら、青春の真っただ中を生きている。ベルリン映画祭など各国の映画祭で高い評価を受け、日本でも若者たちの圧倒的支持を得た話題の青春映画を監督・脚本の橋口亮輔自らが、透徹した文体で完全小説化。

ジャンル
出版社
扶桑社
ページ数
198ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

二十才の微熱 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月20日

    随分と白い所が多い本だな、と。
    作品の雰囲気もそんな感じ。
    もっと文章の間隔を詰めて、白紙の部分も減らして、本の厚みが半分位になったら、違う印象になるかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています