高速道路の謎

高速道路の謎

作者名 :
通常価格 470円 (428円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

事故渋滞の高速と下道速いのはどっち?日本最初の高速道路の長さは?日本一ひどい渋滞はどこ~ヨーロッパで対面通行の高速があるのは?高速道路にまつわるさまざまな事象を、交通ジャーナリストが多彩なデータと現地取材から解き明かす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
扶桑社
ページ数
263ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

高速道路の謎 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    帯の「高速道路を走るのが楽しくなる本」という題につられてかってしまいました。

    高速道路について、渋滞とその攻略法や、サービスエリア(世界で一番充実している)などの各国の事情などの雑学本です。

    ただ、この著者、フリーのモータージャーナリストらしいですが、道路行政にかなり詳しいです。高速道路無料...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月23日

    2009年の本なので、内容が少し前になってしまうが、交通・道路のことが好きな自分にとってはたまらない内容。
    特に8章「情熱のジャンクション」がお気に入り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月18日

    高速道路だけで一冊の本になるのだというのが最初の印象。
    十分に面白い本です。
    よく利用する割に、あまり知らない高速道路の謎が分かります。
    民主党政権になる直前に出された本で、高速道路の無料化など、今読むと懐かしさも感じられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月30日

    おもしろかった。
    特に知っている地名のところと、ジャンクション。
    ジャンクション、いいね。

    はじめに

    第一章 1000円乗り放題プランの影響
    ・新型プリウスなら、東京ー大阪間がわずか5300円!
    ・交通量はどれくらい増えたのか
    ・車が爆発的に増えた本四連絡橋
    ・5連休初日だと、11時間かかる
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月15日

    高速道路についてさまざまなことが書かれています。
    「高速道路はなぜ渋滞するのか」。やはりそれが最も興味深く、その渋滞への対処法も、なるほど という感じでした。国交省の役人さんや議員さんなんかは是非これを読んでいただきたい。どう渋滞を避けるかの作戦も。
    その他、高速道路の成立ちや現状と未来、また海外の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月12日

     チッ
    以外はおおむね面白かったです
    渋滞に巻き込まれたら思い出してみようと思える内容
     けど最後の一文は何つーか、うん

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月15日

    古い本なので高速道路無料化というような話も出ていますが、高速道路の雑学知識がいろいろとわかりました。自分的に一番役立ちそうなのは、どんなに渋滞していても一般道に降りるよりはそのまま乗り続けた方が結局は早いというあたりでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月07日

    高速道路には謎がたくさんあります。
    本書で紹介されているものも、疑問に思われることがいろいろ例示されています。

    自分の生活の中では、渋滞の原因を除去しないのが謎です。

    たとえば、土曜の午前9時だというのに、名神高速道路で、一宮インタから、一宮ジャンクションまで渋滞していることがしばしばあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング