巻頭特集は、“これならわかる、これならできる「トラクション」”です。
バイクを操るうえで基本中の基本となるのがトラクション。
自分で操るから得られる安心感と自信を手に入れましょう。
第二特集は“ライテクよりも効く、サスセッティング”。
万人仕様を自分仕様にするコツ、バイクをライダーに近づけるコツを紹介。
その他、400ccクラスのスポーツバイクCB400SF、Ninja400、R3、RC390、G310Rを比較試乗。
THE SHOTには2006年のMotoGPチャンピオンであるニッキー・ヘイデンが登場。
R/CアーカイブはスズキGSX1100S KATANA。
また、これからの時期とても気になる、ヘルメットの中はもちろん身体を快適に保つ方法も紹介します。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
166ページ
電子版発売日
2018年05月26日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • RIDERS CLUB 2018年7月号 No.531
    NEW
    通常版 700円(税込)
    巻頭特集は、“これならわかる、これならできる「トラクション」”です。 バイクを操るうえで基本中の基本となるのがトラクション。 自分で操るから得られる安心感と自信を手に入れましょう。 第二特集は“ラ...
  • RIDERS CLUB 2018年6月号 No.530
    通常版 700円(税込)
    巻頭特集は、いまさら聞けないライテク「曲がるとき、ステップは踏む? 踏まない?」です。 皆さん、曲がる瞬間はどのように曲がっていますか? 第2特集はカワサキZ900RS。 RSとRS CAFEの比較試乗、カスタ...
  • RIDERS CLUB 2018年5月号 No.529
    通常版 700円(税込)
    1978年に月刊誌として創刊したライダースクラブは2018年に40周年を迎えます。40周年特大号となる5月号では、国内外の各車両メーカーはもちろん、パーツ、グッズ、アパレルメーカーといった日本のバイク史を...
  • RIDERS CLUB 2018年4月号 No.528
    通常版 700円(税込)
    ●海外試乗 DUCATI PANIGALE V4 華麗なる変身 ドゥカティパニガーレV4 Sの海外試乗会に参加。MotoGPの技術が注がれたV4エンジンは214psを発揮、かつてない衝撃の連続を12ページの大ボリュームでお届けします...
  • RIDERS CLUB 2018年3月号 No.527
    通常版 700円(税込)
    第一特集は「ライテクQ&A」。 ライダースクラブを読みつつ、ライテクを実践&研究している…… それでもなかなか上手く乗れなかったり、走っていると “ドキッ”としたり……なかなかバイクは難しい、だから面白...
  • RIDERS CLUB 2018年2月号 No.526
    通常版 700円(税込)
    読者が体感! リスクを冒さず上手くなる! 怖くない走り方。 ベテランの走りをみると思い通りのラインをトレースし、思い通りのコーナリングをしているように見えます。 しかし、ベテランといえども人間、...
  • RIDERS CLUB 2018年1月号 No.525
    通常版 700円(税込)
    東京モーターショーで登場し、最も注目を浴びていた カワサキのZ900RSを26ページの大ボリュームで特集。 Zはカワサキが長年大切にしてきたブランドで、 時代に合わせてカタチを変えながら進化してきたバイ...
  • RIDERS CLUB 2017年12月号 No.524
    通常版 700円(税込)
    バイクが頑固で曲がらない、ハンドリングが重い、身体から力が抜けない…… バイクに乗っているとこんな悩みに直面したことのあるライダーは多いはず。 上手く曲がれないのはライダーのせいなのか? バイク...
  • RIDERS CLUB 2017年11月号 No.523
    通常版 700円(税込)
    カーブの立ち上がりでスロットルを大きく開けて曲がっていけたらさぞかし気持ちがいいだろう。 それは多くのライダーが妄想していることです。 しかし、実際はリヤタイヤが滑りそうに感じたり、加速が鋭す...
  • RIDERS CLUB 2017年10月号 No.522
    通常版 700円(税込)
    特集は、「できてますか? スムーズなシフトダウン」。 コーナー進入時はとても忙しい。体重移動、ブレーキ、曲がるタイミングでの向き変え、そしてシフトダウン。そもそも何から操作していいか分からな...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。