「バラエティ・アートワークス」おすすめ作品一覧

「バラエティ・アートワークス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:バラエティ・アートワークス(バラエティアートワークス)
  • 出身地:日本

名作文学を「漫画」という形で親しんでもらうことを目的としたコミック文庫シリーズ『まんがで読破』を2007年8月より刊行。iPhone/iPad向けアプリ「まんがで読破」を無料でリリースしている。本社は沖縄県浦添市。

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • クリスマス・キャロル ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    ケチな守銭奴がクリスマスイブに聖霊によって、このままだったらどうなるかっていう見せられて、心を入れ替えてクリスマスを過ごすっていうお話。
    クリスマスの位置づけとか、その慈悲の考え方だとか、キリスト教の背景も理解していないと、ただおじさんが心を入れ替えて良かったなって...続きを読む
  • 国富論 ―まんがで読破─
    有名な「神の見えざる手」という言葉に頼っていないし、研究者の間で近年強調されてるらしい「道徳感情論」との関係を感じさせる物語を通じて語られています。立派な入門書だと思いました。
  • マクベス ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    シェイクスピア四代悲劇の一つマクベス。名前は聞いたことはあったけど、読んだことはなかった。
    奥さんに背中を押してもらうのはいいけれど、野心が強すぎるのも考え物。
    とりあえず、予言は怖いな。やっぱり、未来なんて知りたくない。
  • 水滸伝 ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    上海駐在時代に、三国志はマッサージ屋にあった横山光輝のコミックを通読してかじったけど、水滸伝はまだ読んだことがなかった。小説で読むと20冊くらいになるっていうのをよく1冊にまとめたなと思った。
    とりあえず、梁山泊がただのパチプロ集団の名前ではなく、義賊の名前に由来し...続きを読む
  • 種の起源 ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    ダーウィンの「種の起源」がタイトルになっているけれど、「種の起源」を書くに至ったダーウィンの伝記が中心。
    ガラパゴス諸島が地理的要因による適応と遺伝の気づきのきっかけだったとは知っていたけど、ハトの交配実験も進化論の発展の礎になっていたんですね。

特集