柳澤嘉一郎の一覧

「柳澤嘉一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/01更新

ユーザーレビュー

  • 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか
    利他的な遺伝子 ヒトにモラルはあるか。柳澤喜一郎先生の著書。世の中の多くの問題はヒトが利己的で自分第一主義であることが原因。遺伝子で見るとヒトは利己的で自分第一主義であるのが定説だけれど、柳澤喜一郎先生のご主張によるとヒトには利他的な行動や感情を呼び起こす何かが潜んでいる。利己的ではなくて利他的なヒ...続きを読む
  • 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか
     凶悪犯人の構えるピストルの前に自ら犠牲になると申し出て、多くの子どもたちの命の身代わりとなった少女のエピソードから本書は始まる。なぜ人には利他的な行動があり、それを美徳と考える傾向にあるのか。本書はそれを脳科学の問題として説明する。
     脳が様々な身体作用の一つとして機能し、精神もまたその上に形成さ...続きを読む
  • 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか
    性格や感情についての遺伝子やホルモンのことが、専門的ながらも個人のエピソードを交えながら書かれていて、素人が読んでも勉強になり、また楽しめる内容でした。
  • 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか
    筑波大学の遺伝学の権威である著者が、自己犠牲的な行動がどのようなメカニズムでなされるのかを、生物学の見地からアプローチしている、ユニークな本。

    一昔前に、『利己的な遺伝子』という本がありました。

    その本では、生物は根本的には、遺伝子の乗り物に過ぎず、遺伝子が後世に引き継がれていくために有利な行動...続きを読む
  • 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか
    利他的に生命を投げ出したアーミッシュの話ではじまります。人に(そして動物にも稀に)ある利他の根源を探ろうとする本。
    タイトルには、「利己的な遺伝子」へのアンチテーゼであろう「遺伝子」がついていますが、あんまり「遺伝子」という印象が残りませんでした。
    利他が本能で、利己を科学的に証明することは、後ろめ...続きを読む