松原邦久の一覧

「松原邦久」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/17更新

ユーザーレビュー

  • チャイナハラスメント―中国にむしられる日本企業―
    重慶長安スズキの総経理も務めた著者が、自身の経験から中国でのビジネスの闇や慣習、中国政府の日系企業の利用の仕方などが綴られている。
    中国政府のリップサービスで中国に進出した日本企業の多くが、利益を上げられていない実態、知的財産権無視、日本企業の技術を買い取った豪語するような仕組まれた契約書、中国から...続きを読む
  • チャイナハラスメント―中国にむしられる日本企業―
    『チャイナハラスメント』という造語は、優れている。
    日本企業が 中国で 立ち往生している 大きな現象を
    ひとくくりでいえば 『チャイナハラスメント』なんですね。

    中国に進出する理由が たんなる労務費が安いとか
    大きな市場だから、利益を上げるチャンスがあるという 
    安易な 進出では、失敗するのも 当...続きを読む
  • チャイナハラスメント―中国にむしられる日本企業―
    タイトルの煽りと、作者がときに成功談をひけらかしてしまうようなところが鼻につく点はあるが、結構当たっている部分もあると思う。あとは、作者もそうなったということであるが、駐在員の中国人化と言うのは確かにある。本社にはったりをきかせて話をしたり、期限ぎりぎりでサインを迫る駐在員と言うのもいたりするので。
  • チャイナハラスメント―中国にむしられる日本企業―
    題名はいかにもだが、著者の長年の中国ビジネスの経験を踏まえた提言が数多く書かれている。

    何事も目的を明確に持ち、原理原則から外れず、相手の行動様式をよく知らなければならないということで、言ってみれば、別に中国相手のことに限った話ではない。

    とはいえ、面倒くさい相手ではある。
  • チャイナハラスメント―中国にむしられる日本企業―
    作者の経験談から中国人を相手にどうビジネスをするのか、私には関係ないなーと読み飛ばしながら、でも確実に中国人と日本人は違うんだということを再確認。