島燈社の検索結果

  • 青い瑕~天下人徳川家康の悔恨~
    通常版1巻 432円 (税込)
    妻子を殺さなければならなかった徳川家康の悔恨を縦軸に、二代将軍秀忠の側近土井利勝の心理葛藤を横軸に活写した異色時代小説。多くの人間を死なすことで生きながらえてきた家康と秀忠時代の未来を展望す...

    試し読み

    フォロー

  • 赤い炎~家康側近本多正純の誤算~
    通常版1巻 540円 (税込)
    天下人徳川家康の側近として権勢を誇っていた本多正純は、家康の死後、二代将軍秀忠に老中として迎え入れられる。しかし、幕閣には秀忠の信頼厚い土井利勝がいる。駿府での家康側近時代の正純はこの利勝を...
    試し読み

    フォロー

  • 異伝最上義光 立志編
    通常版1巻 864円 (税込)
    1994年に学研の第1回歴史群像大賞を「うつけ信長」で受賞し、その後はノンフィクションで活躍していた著者が、満を持して世に問う歴史小説の再デビュー作品。 尾張の織田信長が頭脳的な作戦を駆使して大軍...

    試し読み

    フォロー

  • うつけ信長
    通常版1巻 756円 (税込)
    第一回歴史群像大賞受賞作品の電子書籍化。天下に覇を唱える者にはそれなりにリーダーとしての資質が備わっている。その資質に魅かれて人は集まる。しかし、資質の内実は人によって大きく異なる。信長、秀...

    試し読み

    フォロー

  • 躍る古文書~苦い確執~
    通常版1巻 648円 (税込)
    幼馴染みの2人。ひとりは日本の最高峰の大学を出て、いまは有名私大の文学部教授、専門が江戸元祿期の松尾芭蕉の研究で知られている小西。すでにテレビでも馴染みの顔になっている。もうひとりの浜木は、...

    試し読み

    フォロー

  • 三途の川は大洪水!
    通常版1巻 648円 (税込)
    爆笑・苦笑・憤怒・哀切......そして唯我独尊。約20年前の1992年に出版され、多くの読者の共感を呼んだ話題のエッセイ集の電子書籍化。〈いまなお違和感を覚えずに読めるもの〉〈当時の時代背景がわかって...

    試し読み

    フォロー

  • 静かなるボクサー〈1〉宿命のライバル編
    通常版1巻 864円 (税込)
    圧倒的なスケールで描くボクシングを超えた究極のボクシング小説、壮大な人間ドラマ。これまでに8戦闘いながら未だKO勝ちのない高木正弘。相手を力で制する前にディフェンス技術を完璧にさせようというジム...

    試し読み

    フォロー

  • 哲学の可能性~哲学で何が救えるか?
    通常版1巻 864円 (税込)
    3・11以降の日本は、いったいどこに行こうとしてきたのだろうか。遅々として進まない被災地の復興、収束しない福島第一原発の事故処理、出口が見えない核廃棄物の最終処理問題、暴走しはじめたかに見える政...

    試し読み

    フォロー

  • 漂流する日本人、行き詰まる人類
    通常版1巻 1,080円 (税込)
    2011年3月11日の大地震大津波による福島第一原発の事故が日本人ひとりひとりにもたらした詰問――本当に原発は必要なのか。世界で唯一の被爆国日本、広島・長崎の悲惨さを知る国がなぜ、原発大国に突っ走って...

    試し読み

    フォロー

  • ピラミッド黙示録 前編
    通常版1巻 756円 (税込)
    日本史、世界史を問わず、歴史上の人物解析に独自の視点をもち、その明快な論理構成には定評のある著者がライフワークのひとつにしてきた古代山岳祭祀遺跡の研究。たったひとつの岩石に刻まれている謎の絵...
    試し読み

    フォロー

  • 万病に効くという温泉旅館へ
    通常版1巻 864円 (税込)
    バブル景気がはじけて以降、厳しくなった仕事に日々汲々としていた高木は、妻の強い申し出によって二泊三日の温泉旅行に出かける。頸椎と腰のヘルニアを患い挫骨神経痛の疑いもある満身創痍の妻が探してき...

    試し読み

    フォロー

  • 私の哲学試論――神・身体・言語・論理・時空・数学・自由・人工知能・生命――
    通常版1巻 1,080円 (税込)
    「真の哲学」を求めた在野の若い哲学者の果敢な試みの書である。哲学が万学の女王だった頃、人間の聖なる「心」や「精神」に対する論究も、哲学だけに許された特権だった。が、近年の科学の発達、特に脳科...

    試し読み

    フォロー