ボイジャーの検索結果

  • 2人のゆくえ[片岡義男ボックスセット01]
    通常版1~3巻810円 (税込)
    初めて読む人にも、再び読む人にも。「片岡義男.com」編集部がお届けするボックスセット。 偶然とは思えない強い出会いだが、それを運命と見なすほど不自由でも甘えてもいない。 島で、病院で、手紙で、2人...
  • アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす
    完結
    通常版全1巻648円 (税込)
    雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。 沖縄本島の東側、太平洋が目の前に広がる小さな集落「アマバル」。その地で5年間を過ごした池澤夏樹の日々の自然観察日記だ。毎日姿を見せる鳥たちと親しくなり...
    試し読み

    フォロー

  • いなくなりたい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    いつか必ず、自分はいなくなる ここでは、おそらく誰もが人生の中で多少なりとも感じていながら突き詰めて考えたり苦しんだりしたことの無いことについて、あまりの純粋さゆえにのめりこんでいく少女の姿...
    試し読み

    フォロー

  • バラッド30曲で1冊
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    この世界が見える場所で、しかし少し隔離されながら、2人がしたこと 男女がいる。ホテルの中だったり、 セダンやクーペに乗っていたり、そうして この世界が見えながら、囲みの中に区切られた空間で 彼女...
    試し読み

    フォロー

  • ホテル・ルーム1
    完結
    通常版全2巻270円 (税込)
    時には、朝にホテルにたどり着く一日を。 日本列島は、台風の通り道だ。 空模様が暗くなり、雨が、風が激しくなり、 やがて猛烈な勢いを周囲に振りまいて、ある時ふっと抜けてく。 その奇妙な高揚感を夜通...
  • マシアス・ギリの失脚
    通常版1巻745円 (税込)
    舞台は、毎朝、毎夕、無数の鳥たちが飛びまわり、鳴きさわぐ南洋の島国、ナビダード民主共和国。鳥たちは遠い先祖の霊、と島の人々は言う。日本占領軍の使い走りだった少年が日本とのパイプを背景に大統領...
    試し読み

    フォロー

  • 南鳥島特別航路
    自然は容易な相手ではないし、地球はわれわれだけのための星ではない。 サハリンの雄大な白樺から八重山諸島の豊穣なマングローブへ、さらには日本最東端に位置する絶海の孤島、南鳥島へ。東西3000キロ...
    試し読み

    フォロー

  • 歩いていく彼のヴァリエーション
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「彼」は放り出され、一人で歩いていく 6つのエピソードからなる短篇だが、一筋縄ではいかない。 なにしろ、6つがバラバラなのだ。 最初の章に男が6人(6人、とわざわざ書いてある)出てくるから、 その6...
    試し読み

    フォロー

  • and I Love Her
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    春から春へ。事件無き彼女の肖像。 1人の女性がいる。 この小説は、彼女の輪郭と所作だけを丁寧に追ったものだ。 彼女がどんな部屋に住み、どうやってコーヒーを飲み、クーペを運転し、どのように眠り、バ...
    試し読み

    フォロー

  • 海をもらった人
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    海をめぐる二つの小説 ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は...
    試し読み

    フォロー

  • エスプレッソを二杯に固ゆで卵をいくつ?
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    この怒涛の電話の中に真実はあるか? 14歳。自分で自分をもてあまし、世間からは「多感な時期」などと言われたりもする年齢だ。そんな年齢で、両親が離婚した。友人に向かって彼女は、そのことについて好...
    試し読み

    フォロー

  • 男友だち
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    恋人でも、夫でもない。彼は、男友だち 片岡作品に登場する女性たちの多くは社会通念ではなく、自分自身の中にモラルを持つことで徹底している。 例えば結婚。結婚しないことを貫くこと、あるいは結婚する...
    試し読み

    フォロー

  • 思いがけないベッドの上で
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    その複数の声を、一人で聞くということ ホテルに一人の女性が滞在している。彼女は朝食を取るために下まで降りていくがウォークマンを携帯させている。そこにはテープが挿入されており、いま、彼女は、そ...
    試し読み

    フォロー

  • オートバイが走ってきた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    ステーション・ワゴンではダメなのだ、やはりオートバイでなければ まるで別々の2つの作品を接合したかのように およそ途中までの展開からは想像もできないようなラストがやってくる。 女と男と女。3人の...
    試し読み

    フォロー

  • 彼女がワゴンを停める場所
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼女たちが先に進む時、そこにステーション・ワゴンがある ステーション・ワゴンは、片岡義男の小説では特別な存在だ。なにしろ「ステーション」なのだからその居住性は抜群であり、移動もできればそこで...
    試し読み

    フォロー

  • 彼らに元気が出る理由
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    嘘偽りなく、いつでも自分自身であることを生きる 小説を書こうとしている男がいてその男も含んだストーリーと、彼が書いた小説の両方を合わせて1つの長篇小説に仕立ててある作品である。 登場人物は多い...
    試し読み

    フォロー

  • 完璧な恋人の作りかた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    現実とは別次元の「完璧」を手にすること 非常に雑な感想めいた言葉でまとめてしまうなら 例えば「ストーカー」といった言葉で この短篇の何がしかを言い表すこともできるかもしれない。 しかし、恋人、と...
    試し読み

    フォロー

  • 記念写真
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    同意なき記念写真 偶然地下鉄に乗り合わせた男女が 久しぶりだからちょっと飲もう、ということになる。 よくある場面だ。そして6軒もハシゴして 女のほうが酔いつぶれそうになっている。 男は女を支えなが...
    試し読み

    フォロー

  • 香水と誕生日
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    誰にも冒しがたい、彼女たちの肖像 女も男も、片岡義男の小説の登場人物には 他の作家に例を見ない魅力が備わっているけれども、 「では、男女のどちらがより魅力的か?」という 酔狂かつ、いささか不毛な...
    試し読み

    フォロー

  • 紅茶にお砂糖
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼女が紅茶で男が砂糖。底に沈んでかきまわされよう 再会。これもまた片岡作品の主題の一つである。 同じ人間が、時間と場所と立場を変えると、同じ人間ではなくなる部分と、それでもやはり同じ人間であり...
    試し読み

    フォロー

  • この色は心の色
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    やがてそのくやしさからも解放されるはず シンプル極まりないが、同時に陰影に富んだ短篇である。 片岡義男という作家には、人間の身体(いや、小説の登場人物というべきか) に対する厚い信頼がある。そ...
    試し読み

    フォロー

  • 最高に気持ちいい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    部屋は一つ、ベッドは二つ、女性が3人 久々に女性4人で会おう、ということになった。しかし、うち一人は若き旅館の女将であり、残りの3人の小旅行を受け入れる立場にある。彼女はこの短篇には登場しない...
    試し読み

    フォロー

  • 三人称単数
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼女が経験した出来事の残響について 「私」でも「あなた」でもなく、「彼」もしくは「彼女」。 言うまでもないが、これを「三人称単数」という。 この短い小説におけるそれは「彼女」だ。 ここには、彼女...
    試し読み

    フォロー

  • 幸せは白いTシャツ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「私の手もとには、現在だけがあるのです」 20歳の夏。彼女は1人でオートバイに乗って日本中を旅する。 ひと夏の経験、というようなものではなく 少なくとも1年、できれば2年かけて日本の隅々まで経験した...
    試し読み

    フォロー

  • 静かな冷たい花
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    結婚は死のはじまり? 奇妙な短篇である。 一組の夫婦の会話を通じて、妻のほうの友人が 結婚についてどう考えているか、そして彼女が 食事というものをどう考えているか (それは常人にはなかなか理解し...
    試し読み

    フォロー

  • 趣味の腕立て伏せ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    無心になることができて、自分を作ることができるもの 自立した大人の女性は、おいそれと人前で屈託した表情を見せることなく、 基本的に陽性である。それは電話に出る時の態度にもハッキリと現れるだろう...
    試し読み

    フォロー

  • 深夜の青い色
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    深夜の深い青の中で2人は笑う。それは大きな笑いであり、微笑であり、苦笑でもあり・・・ この小説の中では、男は浅はかで残念な性質の持ち主として描かれている。 なにしろ、女性2人の仲を知りながら、...
    試し読み

    フォロー

  • 自分のことが気になって
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    私ともう一人の私とは、けっして会うことがない 少女小説にして哲学小説。それも高純度の。 少女が「死」に魅入られる物語は世の中にいくつかあるだろう。 しかしここまで理論的に、少女同士の会話を通し...
    試し読み

    フォロー

  • 十六個の角砂糖
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    雨のバルコニーで紅茶 ふとした瞬間に誰かを思い出し、お茶に誘い出す。 誰にも経験のあることだろう。 電車を降りた男は思い立って女に電話をし、 そして女は自分が出向くのではなく、この家に来いと言う...
    試し読み

    フォロー

  • スローなブギにしてくれ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    捨てる男あれば拾う男アリ。 走ることばかりでなく、留まることも、この先の2人は。 オートバイで走ることだけにリアリティを感じている少年と 高2で家出して以来、家に居つかなくなった少女。 2人は不意...
    試し読み

    フォロー

  • セヴンティーン
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    人はなぜこれほどたやすく17歳に戻ってしまうのか? 再会があった。45歳、という中年の男女の再会。 実に28年ぶり、ということは、かつて二人は17歳だった。 人生における最も輝かしい年齢。その時初めて...
    試し読み

    フォロー

  • 狙撃者がいる
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    誰にも知られることなく起こり、そして終わる 主人公は、およそ生活感のない一人の女性。彼女はピストルと、ピストルがもたらす狙撃に興味がある。しかしピストルの入手は日本では許されない行為だからカ...
    試し読み

    フォロー

  • そして最後にマヨネーズ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    やっぱり最後にあの言葉 主人公は作家。作家が女性と食事を共にし、 小説のアイデアを語って聞かせるという冒頭の展開は 片岡作品になじみのシーンの一つと言っていいだろう。 そこに、これまた片岡作品で...
    試し読み

    フォロー

  • ソノマの重い赤
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    短篇小説のアイデアを語り合うことは短篇小説だ 片岡義男の小説にはしばしば小説家や編集者が登場する。 そして、会話の中の言葉やフレーズが、そのまま小説のタイトルに成り得る、 というようなやりとり...
    試し読み

    フォロー

  • それも姉が教えてくれた
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    ないないづくしの関係が最高である 姉と弟がいる。何の不思議もない関係だが、ひとたび「男と女」になってしまうと一気に事態は変わる。互いに妻でなく夫でなく、結婚できず入籍できず恋人でも愛人でもな...
    試し読み

    フォロー

  • 誕生日のドア
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    誕生日のドアは、一人で通れ 一緒に生活している男女がいる。まもなく男の35歳の誕生日がやってくる。3日後には、今度は女の35歳の誕生日だ。しかし、家の中の空気はおだやかではない。彼と様々な女性と...
    試し読み

    フォロー

  • ちょうどその頃
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    その間、彼女が話したのは一言だけ 午後4時から4時40分くらいまでの時間帯、この小説の舞台となる店は、一日中で最も暇になるらしい。暇だから、数少ない客には目が届きやすい。そこに常連の、一人の大...
    試し読み

    フォロー

  • ティラミスとエスプレッソ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    天にも昇る気持ち 恋人同士ではない。しかし互いに好意は持っている。 会うのは頻繁ではない。半年ぶりくらいか。 そのような微妙な間柄の男女が、百貨店の前で待ち合わせる。 デートのスタートは、ティラ...
    試し読み

    フォロー

  • Ten Years After
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    赤いクーペと2台の750 3人いる。女が1人と男が2人。 この組み合わせによる男女3人のストーリーは、片岡義男の小説においては普遍的なものだ。 男と女だから然るべき出来事があり、 そこから三角関係に落ち...
    試し読み

    フォロー

  • Dm16小節
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    3月になれば、彼女は 28歳、女性。独身。テレビ番組の制作助手。 彼女の仕事ぶりは完璧だ。 番組制作上、重要な取材の段取りを付け、 自分はけっして目立たず、しかし同行し、サポートに徹する。 多忙と集...
    試し読み

    フォロー

  • どこにもいない私
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    時間というものはない。私はどこにもいない 14歳から15歳へ。 この小説は、移り行く季節の中での、二人の少女による 切実な時間論だ。 過去から現在へ伸びてくる時間に対し、 彼女たちは時間が逆行するこ...
    試し読み

    フォロー

  • 泣くには明るすぎる
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    かつて優しかった女性と、今、目の前で優しい女性のあいだで、彼は泣く もう4年前に終了したラジオ番組を、一晩だけ復活させる。 それも、たった1人の女性を喜ばせるために。 そんな荒唐無稽なことが起こ...
    試し読み

    フォロー

  • 配色の効果
    NEW
    通常版全1巻270円 (税込)
    淡いブルーとスカイブルー 女性同士の出会いと恋愛を描いた短篇小説。女性二人が、もう一人の女性の結婚式に出席するため夜の国道を2台のクルマで、つまり、一人1台に乗って連なりながら走っていく冒頭...
    試し読み

    フォロー

  • 84年の赤い色
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    今日はすべてがうまくいく日 片岡作品には、世間でマジョリティを形成しているヘテロセクシュアルばかりでなく様々なセクシュアリティの形が登場するが、今回はレズビアンだ。二人は今、40歳という節目の...
    試し読み

    フォロー

  • 花一輪
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    不自然と呼ぶ理由は何もない いくつもの片岡作品がそうであるように女性1人に男性2人、というパターンの短篇である。 三角関係と言ってもいいが、しかし男性同士は友人であり嫉妬のない三角関係だ。 彼ら...
    試し読み

    フォロー

  • ハーフ・パパイア
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    ハーフ・パパイアとなって、あの人の内部に入っていく自分 美術館という空間に身を置く1人の女性がいる。 その空間にあるアブストラクトなオブジェが なぜだろう、彼女にとってはなによりも自然に身体に...
    試し読み

    フォロー

  • 美術館で過ごした時間
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    美術館が最適 恋人同士、とはどうもいえないようだが、親密な二人だ。 親密であいまいな二人。 彼女が引っ越した新しい部屋、そこからほど近くに美術館があり、 そこがまるで部屋から見て離れのような位置...
    試し読み

    フォロー

  • ふたたびメドレーで三曲
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    メドレーのような長篇小説を トリュフォーの映画『ジュールとジム』(邦題は『突然炎のごとく』)のように仲の良い男女3人がいた。男が二人、女が一人だ。男のうちの一人と女が結婚し、もう一人の男は心...
    試し読み

    フォロー

  • 星の数ほど
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    ある時、文字通り星の数ほどの星を共有した、2人の女性 2人の女性がいる。2人はまったくの他人同士だったが 1人の男性を介して知り合うことになる。 共にオートバイを趣味とし、共に25歳。 2人は打ち解け...
    試し読み

    フォロー

  • ボビーに首ったけ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    18歳の夏。まだ触れていないものはすぐそこにあり、 それはいつまでもまぶしく、ただそのまま残される。 この小説は、「ボビーに首ったけ」と「ボビーが首ったけ」でできている。 前者は、なぜかボビーと...
    試し読み

    フォロー