ボイジャーの検索結果

  • マシアス・ギリの失脚
    通常版1巻745円 (税込)
    舞台は、毎朝、毎夕、無数の鳥たちが飛びまわり、鳴きさわぐ南洋の島国、ナビダード民主共和国。鳥たちは遠い先祖の霊、と島の人々は言う。日本占領軍の使い走りだった少年が日本とのパイプを背景に大統領...
    試し読み

    フォロー

  • 2人のゆくえ[片岡義男ボックスセット01]
    通常版1~3巻810円 (税込)
    初めて読む人にも、再び読む人にも。「片岡義男.com」編集部がお届けするボックスセット。 偶然とは思えない強い出会いだが、それを運命と見なすほど不自由でも甘えてもいない。 島で、病院で、手紙で、2人...
  • 小説・非正規 外されたはしご
    完結
    通常版全1巻648円 (税込)
    非正規問題の多面多様な実相を浮き彫り 東大卒の非正規労働者、弓田誠は在学時の就活期に事情があって就職を逃し、職を点々として低賃金・使い捨ての実態を知る。弓田はしかし、12年に及ぶ過酷な経験を自...
    試し読み

    フォロー

  • 神々の食
    完結
    通常版全1巻648円 (税込)
    ゆがふには物質的な豊穣だけでなく、精神的な幸福感が加わっている。 沖縄はとりわけ作物に恵まれているというわけではないが口福に溢れている。その理由を探求するように、池澤夏樹は写真家の垂見健吾と共...
    試し読み

    フォロー

  • 池澤夏樹の世界文学リミックス
    完結
    通常版全1巻896円 (税込)
    小説の基本の原理は他人の運命への興味である。 旅、辺境、女性、戦争……。 自身で編んだ「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」を入口として新たな傑作を縦横無尽に語りつくす。やわらかな語り口で、世界文...
    試し読み

    フォロー

  • スティル・ライフ
    完結
    通常版全1巻324円 (税込)
    雪が降るのではない。雪片に満たされた宇宙を、ぼくを乗せたこの世界の方が上へ上へと昇っているのだ。 「大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、きみの中にある広い世...
    試し読み

    フォロー

  • 短篇集 きみのためのバラ
    完結
    通常版全1巻432円 (税込)
    彼女はまたにっこりと笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った―—「きみのためのバラ」 飛行機の予約ミスで足止めされた男が都会の片隅で過ごす空白の時間、唱えると荒ぶる心がたちまち...
    試し読み

    フォロー

  • 短篇集 骨は珊瑚、眼は真珠
    完結
    通常版全1巻432円 (税込)
    ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々」より 沖縄の聖地久高島でかつては十二年に一度行われていた祭り、イザイホー。夢の中で、その祭りに巫女として参加している自分を見...
    試し読み

    フォロー

  • オートバイに乗る人
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    人事は荒れても、秋はきょう、この日から始まる ひどい仕打ちであることは間違いないにしても、それをこんなふうにやってのけることにはやはり小説としての爽快感があると言うべきだろうか。 どちらからと...
    試し読み

    フォロー

  • 緑の瞳とズーム・レンズ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    この作品をD小説と呼ぼう。DはデザインのD、そしてディスカッションのDだ 女性が1人と男が1人。 女性は金髪で緑色の瞳をした経済学者。男は写真を撮る者。 2人は日本中のさまざまな場所を共に散策する...
    試し読み

    フォロー

  • Armchair Travel vol.1 Singapore
    通常版1巻514円 (税込)
    家にいながらガイドブック、時刻表、観光ビデオなどを見て、旅行や観光気分を楽しむ人のことを海外では「アームチェアトラベラー」と呼んでいます。本書はそんな「アームチェアトラベル」を気軽に楽しめる...
    試し読み

    フォロー

  • 明日が来るわけない
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    起きてしまった愚かさ。 行くことも戻ることもできず、ただ顔に陽が射すだけ。 2つの不良グループがある。 抗争が起き、犠牲者が出る。 やられたら、やりかえす。必然的にそれは エスカレートしていき、あ...
    試し読み

    フォロー

  • 愛し愛され
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    同じ過去を歩んだ2人は、実はもう同じ現在にはいない 互いに好きで、結婚したい意志もありながら、それが実現しない。 そういうことは、人の一生においてはありうるだろう。 しかしそれが過去の痛恨事であ...
    試し読み

    フォロー

  • 愛してるなんてとても言えない
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    愛してるなんて とても言えない と、言うとき、彼女が語っていること。 彼女と彼の出会い。またしてもそれは路上だ。 片岡義男の黄金のパターンがここでも踏襲される。 トラブルの渦中にある彼女を拾い、...
    試し読み

    フォロー

  • 愛は、どうにでもなれ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    愛はどうにでもなれ、では、百合は? 1人の男性の写真家がいる。 仕事は比較的順調で、依頼には事欠かないようだ。 写真家3人で事務所を構え、うち1人は愛子、という名の女性。 そして男性には、1人、...
    試し読み

    フォロー

  • アイランド・スタイル
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    アイランドとは、どのような場所か? 不気味な重低音の意味が、明らかになるその時。 小説の前半部は、夜の海だ。 星空と月明かりがあり、その絶妙の光の中で 「僕」は海と、この島と、サーフボードが完璧...
    試し読み

    フォロー

  • あおむけに大の字
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    無防備を撮り、それを交換する関係とは何だろう? 短編というよりは掌編。 そしてちょっと不思議な一編である。 登場人物は女性2人だけ。 酔った1人をもう1人が介抱し、その後、時を経て一緒に京都に旅...
    試し読み

    フォロー

  • 赤い靴が悲しい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    1人になって思い返す、ある決定的な痛みについて 時間は、いろいろなものを遠ざける。 ふと呼び出してやろうと思った男性は 組織の奥深くに紛れ込み、電話をつなぐにも手間がかかる。 そして彼には妻ばか...
    試し読み

    フォロー

  • 明るい旅情
    通常版1巻432円 (税込)
    世界中で日本に最も程遠い場所を探して出会ったのは、ナイル川上流の広大な湿地帯。果てしない青空と生い茂るパピルスだけの“緑の砂漠”————— 南から北へ東から西へ、世界を旅する作家は土地の姿を見つめ、...
    試し読み

    フォロー

  • 秋時雨
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    秋時雨の中を走って、4人の男女の組み合わせが順番にめぐってくる 吹き付けるような秋時雨の中を 2台のクルマが走っていく。夜もかなり深い時間だ。 2台には男女が2組ずつ。合計4人。 互いに恋人同士と呼...
    試し読み

    フォロー

  • 朝になったら、タッチミー
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    夜を徹して走るハーレー スーパーグライド。 彼女はなぜ、そうまでして走り続けるのか? 起点は港のフェリー・ターミナル。 そこでハーレー スーパーグライドに乗る美女を目撃した4人の男たちは 戯れに...
    試し読み

    フォロー

  • アステロイド観測隊
    通常版1巻108円 (税込)
    とある南の島で小惑星の微かな現象を観測するのに、大統領の噴水のライトアップが邪魔をする。その明かりを消すために果敢な行動に出る青年。天文学教授の若かりし日の冒険がユーモラスに描かれる。『マシ...
    試し読み

    フォロー

  • アップリンク
    完結
    通常版全1巻108円 (税込)
    神様だちも時には人間の方にちらっとばかり目を向けてくれるもんだな。 気象データを通信衛星に送る測候所の定期点検のため、男は見知らぬ島に降り立つ。エンジニアとして堅気に仕事をする彼が宿に戻り、...
    試し読み

    フォロー

  • あなたは男で私が女
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    あなたは男で私が女、あの人が女で、女がもう1人 このタイトルから類推されるのは例えば女と男のラブストーリーだろう。 その予測は間違いではない。が、本流でもない。 高原のテニスコート、という巧みな...
    試し読み

    フォロー

  • 甘く優しい短篇小説
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼にとって1人である2人の女性 甘く優しい短篇小説、というタイトルを持つこの短篇小説が その通りに「甘く優しい」かどうかは個々の読者によってむろん違うとはいえ、 小説の前半と後半で様相が相当に...
    試し読み

    フォロー

  • アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす
    完結
    通常版全1巻648円 (税込)
    雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。 沖縄本島の東側、太平洋が目の前に広がる小さな集落「アマバル」。その地で5年間を過ごした池澤夏樹の日々の自然観察日記だ。毎日姿を見せる鳥たちと親しくなり...
    試し読み

    フォロー

  • アマンダはここに生きている
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「ただのラブ・ソング」と 「アナザー・ラブ・ソング」。 月明かりのハイウェイを、巡業用バスが走っている。 運転しているのはアマンダ。女性として、妻として、母として完璧であり、 カントリー・ミュー...
    試し読み

    フォロー

  • 雨に唄えば
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    カメラとビー玉 何も起こらない小説、と言ってみたくなる。 それはもちろん嘘で、ここには女と男が登場し、 女は仕事をこなし、男は女を送りおどける役目を果たしている。 それは非合法に抵触しているもの...
    試し読み

    フォロー

  • 雨の伝説
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    レインメーカー・アイランドの奇跡に 立ち会う幸福。 雨の日のほうが多く、 通称“レインメーカー・アイランド”と呼ばれるポリネシアの島。 広い場所が好きで、ただ旅をする目的だけで来た青年・西本は 偶...
    試し読み

    フォロー

  • 雨の降る駐車場にて
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    立ち止まる時間がほとんどないような彼女が、ふと立ち止まるその時に 作家がそのような語彙を用いているわけではまったくないが、 これは近年の言葉で言えば「シングルマザー」の物語だ。 彼女には4歳にな...
    試し読み

    フォロー

  • アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話
    〜出版界を動かす名編集者たちが赤裸々に語る、アメリカ出版界の実情の全て〜 本書は1996年から2006年にかけて発行された「ABJ-アメリカン・ブックジャム」に掲載された名編集者らへの10編のインタビュー...
    試し読み

    フォロー

  • アメージング・グレース
    完結
    通常版全1巻540円 (税込)
    明治の黎明期にイギリス女性と恋に落ちた日本人留学生の行く末は! それは神の存在を探るアメージング グレースでもあった。 十数年ぶりに帰国した愛は、男爵だった曽祖父が造った北海道の農場を訪れる...
    試し読み

    フォロー

  • 鮎

    通常版1巻108円 (税込)
    加賀の炭焼き小屋で助けられた若者が町の働き口を得て立身出世をするものの、どんでん返しの結末となる。スペイン語圏に伝わる民話を再話した短篇で、山村の暮らしが生き生きと描かれる。
    試し読み

    フォロー

  • 荒馬に逢いたい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    シャッター押さなかったことによって 定着された1枚の絵。 そこにこめられた荒馬の歴史をカウボーイが語る。 ごく短い酒場のシーンを前後にして 真ん中に荒野の情景が挟まっている。 荒馬の絵と、絵を語る...
    試し読み

    フォロー

  • アリゾナ・ハイウェイ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    移動する時間の長さが違えば、 別れと、別れの後の出発の仕方も違うはずだ。 ある者はロディオ・ライダー。かつて栄光に輝いた彼も 今年は惨敗、負傷し、おまけに妻は1人になりたがっている。 そのロディ...
    試し読み

    フォロー

  • ある日の真夜中
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    真夜中の続きは朝 このストーリーは、このあと、どうなるのだろう? それを考えるのが非常に楽しい作品だ。 用心深く注意をはりめぐらし、出来事が起こらないように行動することと およそ正反対の主人公が...
    試し読み

    フォロー

  • アロハ・オエ 
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    現れては消えるのが歴史。 その歴史を映像で見る時代にわれわれは生きている。 片岡義男の処女作「白い波の荒野へ」を起点として 連作のようにして書き継がれたうちの一篇。 「いま」を象徴するハリウッド...
    試し読み

    フォロー

  • アロハ・シャツは嘆いた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    歴史をひもとけば、そのシャツには人に対する肯定的な気持ちと悲しみが込められていることがよくわかる 観光地化する以前のハワイ。その類まれな美しさを象徴する 1つの実物として、アロハ・シャツ、とい...
    試し読み

    フォロー

  • and I Love Her
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    春から春へ。事件無き彼女の肖像。 1人の女性がいる。 この小説は、彼女の輪郭と所作だけを丁寧に追ったものだ。 彼女がどんな部屋に住み、どうやってコーヒーを飲み、クーペを運転し、どのように眠り、バ...
    試し読み

    フォロー

  • イアリングをつけるとしたら
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    つけるときよりもはずすとき 編集者と書き手の情事。 ここでは編集者が男性であり、書き手はまだ書くことの経験が十分ではない。 小説とは、いかにして書かれるものなのか。 会話の中から、そして動作を伴...
    試し読み

    フォロー

  • いい気分だ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    波が高まって、やがて凪。いい気分だ 舞台はプール。 水をたたえた空間だが人工物であり、やや密閉感じもある空間。 主役は2人の女性。というより、身体と視線だ。 もしかすると互いを捕らえる正確さと貪...
    試し読み

    フォロー

  • 生きかたを楽しむ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    オデンを経由して、やがてみんな写真に収まる 作者と同じ、「ヨシオ」という音のつらなりを持つ17歳がいる。 カタカナのヨシオだ。ヨシオは高校の卒業に際し、大学には行かないことを選択する。 両親は離...
    試し読み

    フォロー

  • 異国の客
    完結
    通常版全1巻486円 (税込)
    その土地を拠点としてものが見えること、世界のからくりがわかること、が大事なのだ。 パリから南へ50km下った森の中の街フォンテーヌブロー。家族と共に移り住んだ著者が、日常の中でフランスの伝統的文化...
    試し読み

    フォロー

  • イチゴの目覚まし時計
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    シニカルではなしに、彼女は言う。 「なんだって陳腐なのよ」。 2組の若い男女がいる。 4人はそれぞれ、バラバラに福島から出てきた上京組だ。 1組はサラリーマン。もう1組は風俗で働くカップル。 そこに...
    試し読み

    フォロー

  • 一日じゅう空を見ていた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    最高の贈りものは時間である 一日じゅう空を見ていることを可能にするもの、 それも最高の条件で見続けることを可能にするのはいかなる状況か、ということをこの小説は描いている。 どんな高価なプレゼント...
    試し読み

    フォロー

  • 一日の仕事が終わる
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    仕事とは彼女の長い一日のことだ 大人同士の関係ならば、互いに仕事を持ち、そのことを尊重し合う、というのが通常の状態だろう。 そして仕事が終われば、夫婦であれ、恋人同士であれ、仕事の時とは違うふ...
    試し読み

    フォロー

  • いちばんつらい人
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    2台の自動車が作る狂おしい三角形について 海岸沿いの夜の国道をひた走る2台の自動車がある。 前を行くのはシトロエンである、女性が1人で運転している。 それを追うように後ろを行くのはメルセデスで ...
    試し読み

    フォロー

  • 一生に一度かしら
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    あっけらかんと百万円 たいへんに魅力的な女性がいて、彼女と寝たい、それが実現するなら百万円払ってもいい、と男が口にする。 話だけなら冗談か下衆な話題として済んでしまうが実際にそれが実現され、女...
    試し読み

    フォロー

  • 一等星の見える窓
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    ようやく一等星の見える時刻 今日こそは会いたい女性がいる。 いつもならしない残業もこなし、時間をつぶそうとするもなかなか電話は通じない。 持て余した時間のあいだに幾人もの女性が登場しては去ってい...
    試し読み

    フォロー

  • いつか聴いた歌
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    2人の女性に託された歌 不幸な亡くなり方をした父親から唯一の財産として娘は歌を贈られた。 長じてカントリー歌手になった娘は父の曲に自ら詞をつけて歌うようになる。 ところがその歌を、どうやらもう1人...
    試し読み

    フォロー