エッセイ・紀行 - 島村洋子一覧

  • 家ではしたくない
    4.0
    「とにかく愛とは、やり続けることである」“精神の神様、肉体の悪魔”と自他ともに認める著者がたどり着き、そしてまた、これからおもむこうとしている場所は……。恋のせつなさと愛の哀しみを、浪花オンナのボケとツッコミで明るく軽く笑いとばす好評快感系エッセイ第2弾。現実と幻想の落差に悩む男と女の愛のバイブル。

    試し読み

    フォロー
  • 王子様、いただきっ!
    5.0
    「眠れる森の美女」「シンデレラ」「白雪姫」…世にある数々のおとぎ話で、お姫様は王子様と末永く仲良く暮らすけど、そんなステキな現実はどこを探してもありゃしない! 失恋、裏切りに傷ついて、その辺の男で手を打ちゃ、ついてくるのはローン地獄に姑との戦い。「そんな人生はイヤ」というあなたに、古今東西の物語を元に理想の王子様を手に入れる方法をお教えします。シビアな現実にへこたれず、最高の王子様を探し出せ! 前向きなお姫様たちの爆笑恋愛エッセイ。
  • せずには帰れない
    5.0
    「あなたにお会いすると、せずには帰れないのです」追えば逃げ、逃げれば追われる女と男。肉体の喜びと精神の昂揚のはざまに漂う著者が出遭った恋のかたち愛のメッセージを、たっぷりのユーモアをたて糸に、りりしくもせつない想いを横糸にしっとりと編み上げた快感系エッセイ第1弾。読まずには帰れない。

    試し読み

    フォロー
  • バブルを抱きしめて
    -
    平成が終わろうとしている今、バブルを抱きしめた女・島村洋子が贈る 時代をともに生きてきた者たちへの応援歌 それを経験していない人には信じられないことだろうけど、いわゆる「バブル」のとき私はこれが永遠に続くと思っていた。 いや、私だけではない多くの人がそう思っていただろう。 一万円札でタクシーを停めたとか、タクシー券の束を振っていたとか、みんないうが、 たとえば私は六本木から銀座に行くのにタクシーがつかまらず、荻窪の友達に電話して六本木までタクシーで来てもらった。 そしてそのタクシーに乗って銀座で降りて友達にはそのまま荻窪に帰ってもらった。 友達には二万円渡したような気がする。なんたる壮大なムダ。 友達を呼んでいる間に歩け! と今なら思うが、その時は特別に変わったことをしている感覚もなかった。 泡は抱きしめれば割れるのだろう、シャボン玉のように。 終わりが来ることを無意識に察知していたからあんなに必死でみんな大騒ぎしていたのかも知れない。 光が明るければ明るいほど影が暗い、とはよく言われることである。 しかし闇の暗さも弾ける泡も、ねずみ色の生ぬるさよりは良かったのではないか。 私はあの頃、六本木にいた者として少し胸を張りたい気すらしている <まえがきより抜粋> 『新潮45』の人気連載エッセイが待望の単行本化!
  • ブスの壁
    5.0
    この壁から転がり落ちてしまったら、私は熊とまちがえられて、猟友会に撃たれてしまうのではないだろうか!つるつる滑るその壁に、瀕死のクライマーのようにザイル一本でぶら下がり、食に遍路にそして恋にと、苦闘を続ける著者のドタバタな日常をユーモアとペーソスで綴ったエッセイ集。小社ホームページ内Webマガジン(無料)連載作品。

    試し読み

    フォロー
  • へるもんじゃなし
    4.0
    「終わった恋の悪口は三日間だけにして、後はおいしいものを食べて、美容院に行こう。次の恋のために、お互い『いい女』になりましょう」恋するときはいつも本気な著者が贈る、迷えるあなたのための超実用恋愛講座。けなげにせつない女の心意気をナニワの笑いでくるんだ快感系エッセイ第3弾。

    試し読み

    フォロー
  • もう一度、聴かせて
    5.0
    「私はずっとお昼ご飯を抜いてレコードを買い続けました。…あなたとも一緒に聴きたいと思っています。一緒に歌ってください。」と呼びかける著者の、心に残る26の名曲によせてつづられたあの手ざわり、このぬくもり。甘く切ない想い出から今も記憶に刻み込まれた痛みまで、時にしっとり、時に激しく唱うココロのカラオケ。

    試し読み

    フォロー

無料で読めるエッセイ・紀行 - 島村洋子