【感想・ネタバレ】数字・データ・統計的に正しい日本の針路 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年04月28日

詳細なデータを用いて、現在の日本の政策について正しい知識を提供してくれる一冊です。図表が著者が描いたものを含めて99枚あり、市井の欺瞞を解消してくれます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月07日

高橋洋一先生の経済コラムやニュースをよく見ているものとしては、真新しいフレッシュな情報は無くちょっと残念でした。

ただ「これから経済勉強したいんだよ」という人がいたら推薦したい一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月26日

2014年10月〜2016年1月までに「現代ビジネス」掲載された著者の連載コラムを抜粋してまとめたもの。と言うことで、タイトルから予想していたのとは違って、主にアベノミクスの財政政策や日銀による金融政策について、統計データに基づいて議論しているというものでした。著者によると、データから言ってアベノミ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月20日

現在の安倍内閣寄りの人のようだ。アベノミクスを正当化するための数字やデータを披露し、政策の正しさを力説しているが、鵜呑みにできないことが多い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月22日

タイトル通り、やったら数字やデータに基づいて、経済や社会を論ずる。
面白いのだが、その数字データの部分が面倒で全部ぶっ飛ばして検討も理解もしてないので、正否は全く判らない。

この本だけでのことではないが、マスコミとか、官僚とか、ついでに言えば教育とかその辺の怖さは充分に感じる。
意図的な言葉の選び...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月15日

データがあるので分かり易い。ただし、この本も自分の主張に都合の良いデータとデータ解釈をしている部分が少なからずあるように感じるので、全てをそのまま信じない方がよい。「日本の借金1000兆円のウソ」に関してはこじつけ感が強い。まだまだ借金しても大丈夫だし、返す気もないと宣言しているようだ。

このレビューは参考になりましたか?