【感想・ネタバレ】警視庁捜査二課 のレビュー

値引き価格 616円 (税込) 2月27日まで
通常価格 770円 (税込)
3.3
3件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月04日

主に贈収賄事件を担当する捜査二課の過去の実際の事件が生々しく飾り気なく語られており面白かった。同様の本にありがちな乱暴な筆致ではなく、丁寧な書きぶりで読みやすい。
真矢ミキ主演でドラマ化されただけのことはある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月09日

巡査から叩き上げ、捜査二課で贈収賄事件を追いかけた刑事の人生。最終の階級は警視。退職時には分室の管理官。贈収賄の捜査の大変さと立件の難しさを知ることができた。団塊世代の大量退職による捜査能力の低下を危惧する著者。真相不明のまま早期退職を余儀なくされたにも関わらず、捜査二課の仕事にエールを送る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月20日

文章は学生の感想文のようにですます調でぶつ切りのため、慣れるまでは疲れてしまうが、内容としては面白いと思う。
ただ、著者も言う「若手警察への参考と経験の継承」に役立つかと言えば、やはり広く浅くい内容という感覚が最後まで消える事は無かった。これほんとに役立つのかな?
清武英利の著作である「石つぶて」に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?