【感想・ネタバレ】血みどろ臓物ハイスクールのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月24日

文庫の帯は岸本佐知子先生「ワイルドで奥深くて崇高な、世にも美しい言葉のテロ。姐さん、一生ついていきます。」
単行本訳者あとがきに、ナックルダスターで武装して会いに行ったという挿話。
文庫版訳者あとがきの、バイク用ヘルメットを脇に、階段を駆け下りてきたアッカーの姿が目に浮かぶ、という結び。
それらに惹...続きを読むかれ、抵抗感を抱きながらも、つい購入。
というのも、生活がそのまま詩を吐くような破滅的天才の創作を、やや忌避しているからだ。
うまく浮かばないが、中島らも「今夜すべてのバーで」に登場する天童寺不二雄が物を書いたとして、あまりに自分とかけ離れすぎているだろうから。
しかしそんなことなく、キャシー・アッカーは大変知的に文芸作品をブッ込んでいる。

また著者の写真を見ると、どうも「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」のフュリオサを思い出してしまうが、
フュリオサそのものでは、もちろん、ない。
フュリオサは「強姦を撥ねつける」側だが、キャシーは「強姦する」側と見做せようか。
しかしその「強姦する」は限りなく「強姦される」に近いともいえる。

ウィキペディアで「セックス・ポジティヴ・フェミニズム」という概念を初めて知る。
確かに自分の躰を自分で使って何が悪い。
フェミニストは性忌避者という自分の思い込みは、すでに前時代のマチズモにどっぷり浸されていたのだ。
伊藤野枝やアギレラやマドンナやジャネット・ジャクソンの名を見て、さらに納得。
脱線するが大杉栄と伊藤野枝の子供の名前……魔子、エマ、エマ(え、同じ!?)、ルイズ、ネストルなど……笑ってしまった。
森鷗外と通じる。やはり前から気になっていた「村に火をつけ、白痴になれ」を読もう。

閑話休題。
ストーリーはあるようなないような。
ファック関係にある父から疎まれ、不良とつるみ中絶を繰り返し、売春業者に売られても業者のペルシャ人に恋し、脱出した先でなんとジャン・ジュネと会い同質の者同士分かり合えるかと思えばやはり捨てられ、死に。
筋だけ見ると下降線を描いている(のでフェミニストには受けが悪いとか)が、むしろ語りのテンションは上昇するばかりだ。
地の文。イラスト。戯曲風会話。童話のパロディ。有名作品の読書感想文。異国語で作詩。コピペ。有名人を導入。などなどなど手法の饗宴ゆえに。

しかし内面は孤独で愛を求める。「愛してよ」と罵詈雑言で言い換え続けるような。
とはいえ発せられる言葉は終始えげつない。この乖離の面白さと切なさよ。
連想するが、たとえば桜庭一樹「私の男」で「新鮮な肉だとよ、お嬢さんたち。あたしゃもっと若いけど、こちとらタフで堕落した腐れビーフ。わがオマンコは赤しオエッ」てなことを言う娘を、父は愛しぬけるか?いやー無理でしょう。

引用したい言葉多数。
ネット上で拾い集めた作者本人の挿話……山形浩生の「アホだら帝国」あとがき、や、エッセイ「病がくれたもの」とか……も興味ぶかい。
ある時代のある種の作家と片づけることもできなくもないが、読後、私の中に確かに根付いた。これから育つかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月09日

こんな表現の仕方があることに感激。
読んでいるうちになんだか落ち着かなくなって解説を見たくなったけど、解説なんていらないとも同時に思っていた。

登場人物の汚い言葉遣いが不思議と嫌いじゃない。

ジェイニー支離滅裂なんだけど自分も現実から目を背けたい時に支離滅裂なこと考えるなと思った。

私が思う一...続きを読む般的な人は、教育、親、社会などを重ね着しているけど、ジェイニーは臓物まで丸見えだ。

もう普通が何かとか考えるのも馬鹿らしいかも、私達は生きてるだけで血みどろだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月02日

血と体液とで体がべたべたになるような感覚。捨て鉢で衝動的で誰かと交わらずにはいられない主人公の本当は愛されたいだけなのにという心の叫びが苦しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月25日

1歳で母を失ったジェイニー・スミスは
メキシコのメリダで父ジョニーと暮らしていたが、
10歳の時点で既に近親相姦関係にあった。
ところが、父に新しいガールフレンドが出来、
厄介払いされそうになって嫉妬・狂乱。
ニューヨークで不良グループと付き合い、
乱倫・暴力・飲酒・薬物三昧からの中絶まで体験。
...続きを読む春業者リンカーに売り飛ばされ、監禁されている間に、
自らの人生について、あるいは、ホーソーン『緋文字』の感想、
ペルシャ語の独学の記録、散文詩――他を綴った。
その後、癌を発症してリンカーに見捨てられたジェイニー14歳は
自由の身になって旅に出たが……。

1970年代後半に執筆され、
1980年代に日の目を見たという「時代の徒花」的散文詩小説。
恋愛及び性の相対化。
父と娘の近親相姦関係を描き、
俗に「純愛」と称され賛美される概念をコケにする態度は
倉橋由美子の初期作品に似た趣きでもあり、
訴えたいことはよくわかるのだが、
個人的に好みではない表現技法だったので読後の満足度は低い。
前半は一応、小説の体(てい)を成しているので
ニヤニヤしながら楽しんでいたのだけれども……。

まあ、「魂にはその意のままに彷徨う自由がある」(p.282)のだし、
作者が内面の混乱や社会に対する疑問を、
この表現形態で発表したのも当人の自由だし、
手に取って読むも読まぬも、どんな感想を抱こうとも
我々の自由なのだよな、と思った。

このレビューは参考になりましたか?