【感想・ネタバレ】ダメなときほど運はたまる だれでも「運のいい人に」になれる50のヒント のレビュー

価格 509円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年04月27日

物事を「運」で判断することにより、俯瞰で物事を捉えられると言うことだろうか。私は短気ですぐに苛々するので、これを読んでから、気持ちが楽になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月31日

なるほど・・・と思わせてくれる著書で「星5つ」つけました。

★3つの運★
1、生まれながらの運
2、誰かが持ってきてくれる運
3、努力した人の元へやってくる運

共通テーマは「運と不運は平等」

*以下、参考になった章です*
・失敗は運の定期預金(失敗の積み重ねで覚えること)
・ライバルが運を持っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月05日

優しい語り口調で、読んでいて暖かい気持ちになり、励まされます。
ダメなところたくさんの私だけど、そのダメさを頑張って行けば、少しは向上するかなーと前向きな気持ちになりました。
失敗は運を貯めているという考え方も励まされました。

褒めて育てるためには、行為だけではなく、気持ちを褒めてあげると良い。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月31日

中庸が大事なんですね。悪いことが起こっているときは、運がたまっているとき、運がいいときは調子にのらないように自分が損する役回りをとる。
うらんだりねたんだりすると運が逃げる、最近の流行りの言い方では思ったことを引き寄せてしまう。
これらを欽ちゃんの感性で実践してきた内容が具体的に書かれている。欽ちゃ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月13日

欽ちゃんなりの人生論を読める。特に「運」という要素の重要さを語っており、それを自分の体験を踏まえて語られる。信憑性はともかくこういう生き方も決して悪くないというのも感じることができる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月31日

お笑い芸人として有名な萩本欽一が「運をためる」ことについて説いた一冊。

仕事のみならず、日常生活においても「運」を重視してて、その姿勢には敬服する反面、彼のような第六感を持たない自分のような凡人に、この様な生き方は難しいと感じた。
また、彼の周囲にいる人間は振り回されて大変だろうとも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月11日

「運」と言ってもスピチュアルな話ではなく、感謝を忘れず、謙虚に前向きに言葉や人間関係を大事にという内容である。

成功者と庶民は違うだろうと思わせない、共感できる着眼点で表現するあたり欽ちゃんの観察力の凄さを感じた。

今、ダメだと思っている人には希望を、そうでない人には謙虚な気持ちをイヤミなく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月02日

なんか、初めて接する考え方のような、ちょっと昔からある考え方のような。理屈なんか全くなくて、完全にきんちゃんの個人的な考え方と言えると思うけど、でもよく考えてみると、「そりゃそーだ。」と納得できる。そんな、ちょっと不思議な感覚。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月17日

 私自身、小さい頃から欽ちゃんこと萩本欽一さんの大ファンでしたので、とても興味深くこの本を読ませていただきました。

 はじめにを読むと、こう書かれています。p.3「だれにでも運と不運は平等にきます。だから今がついていない時期なら、そのあと幸運な時期がきっとくるはずです。不運の度合いが大きければ大き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月27日

大好きな欽ちゃんの本。買った時にはピンと来なくてお蔵入りしていた。でも、改めてひっぱりだしたら、昨日の私を癒してくれた。ありがとうございます☆

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月17日

書店の店頭でタイトルを見てスッと心に入って来て気持ちが軽くなって肩の力が抜けた萩本欽一さんの新刊
努力や実力ではなく『運』という視点で書かれているのが面白い
自分の努力でどうにもならない事もあるけど他力本願の神様頼みでもいけない
自分なりに一所懸命やる事で開ける道もある事を優しく教えてくれる一冊

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月23日

さらっと読める一冊。欽ちゃんが独自の視点で運が貯まる時、貯まらない時を捉え、その時々でベストな行動や判断を語っている。とてもおもしろい。人相でどういうヒトかを判断する術は、感覚ながらも当たっていたという話は、ああ、なるほどとニヤリとできた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月23日

自身を才能のない自分が長く成功してきたのは、運だととらえ、運がつくために日々努力されている。無理はせず、どんな頂点にたったときでも、驕ることなく粛々と自身に与えられた役割に対し、努力される姿は共感できるし、学びが多かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月13日

萩本欽一さん、多感な青年時代はとても苦労をされていたのですね。

その苦労の中からにじみ出てくるようなお人柄が伝わってきた随筆です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月20日

筆者が運、運と繰り返すのは、自分にはコントロールできない世界、を知っているからだと思う。それを知っている人は、謙虚である。
だけど謙虚と、自信がないのとは違う。筆者は、運を味方につける、という言葉で自分に力を与えている。その前提には、自分は自分だけで成り上がったのではない、という確信があるように思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月14日

欽ちゃんこと萩本欽一の人生と運について。考え方というか姿勢というか心掛けというか、そういうのが大事ということのような気がします。思わず感動してしまうエピソードも多数。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月14日

欽ちゃんの複雑な生い立ちを知らなかったので、裏話を聞けるだけでもおもしろかったです。
メインは運の話です。悪いことがあっても恨んだり嘆いたりせず、運を貯めてると考えるのは素晴らしいことだと思います。
これは欽ちゃんが誰かから教わったことではなく、自身で得てきた教訓なのでしょう。ユダヤ人大富豪の考えに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月10日

欽ちゃん流の運の解釈はなかなか面白い。これが体得できていたからこそ、欽ちゃんがスターでいられたのだろうが、一般の人にはちょっと難しいかもね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月03日

あがり症だから決められたセリフが言えず、アドリブでしのぐしかなかったなど、欽ちゃんの意外な一面を知ることができたし、また「運」の話も、つまるところポジティブシンキングやリフレーミングの話だと思うので、やはり成功する人は普段からそういう思考が身についているんだなあと感心させられた。ただ、ご本人は「運」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月23日

あんまり期待はしてなかったけど、中にはいいのもあったよね。

欽ちゃんが考える運と言うのは、僕にとって大宇宙の法則で。
ようはバランスが大事ということだね。

このレビューは参考になりましたか?