山田稔のレビュー一覧

  • 小さな町で
    絡みつくような人間関係がその背景に存在していることを強く匂わせながら、幾つもの小さな物語が、いたって何事もなかったかのように語られて行く。その物語の中心に居るのは「田舎の」人々である。シャルル=ルイ・フィリップの「小さな町で」に登場するそれらの人々を語る時、どうしても括弧つきの「田舎の」人々と形容し...続きを読む
  • 小さな町で
    フランスの田舎町セリイを舞台に、町の人々の日常で起こる様々な事件集めた短編集。フィクションかと思ってたら実在の町みたいですね。イーノック・アーデンみたいな話やキリスト誕生パロディも。
    町にフォーカス、というのはジョイスのダブリン市民に似ているが、より田舎な町を舞台にしている分、より個々の性格やプライ...続きを読む
  • 小さな町で
    フランスの中央部に位置する人口二千人足らずの小さな町セリイを舞台に、そこに暮らす市井の人々のつつましやかな日常を、鮮やかに切り取って見せた短編小説集。家族の誕生や死、隣人との小さな諍い、時折起きる事件とも言えぬできごとを、乾いた筆致でさらりとスケッチした独特の作風は、小さなものを愛でる日本人によって...続きを読む
  • 小さな町で
     100年ほど前に書かれた短篇集。
     作者のフィリップが生まれたフランス、セリイを舞台にした町の住人たちのお話。
     山田稔さんが翻訳をしているから、まるで山田さん自身が書いたようなの作品だった。

     訳者解説にこの本について的確な説明があったので抜粋しておく。

     《 四百字詰原稿用紙に直してほぼ十...続きを読む
  • 小さな町で
    フランスの典型的小話〈コント〉の真髄。

    決してイイ話ではない話がオムニバスでサラサラと語られていく。

    時代と場所は違っても、かわらない人間の生活・心情がみえたように思う。

    作者の破天荒な人生を解説で知ると、ストーリーにも深みがでる。
    三年に一度くらいで読み返したい一冊。
  • 残光のなかで 山田稔作品選
    柔らかく優しい文章で心に沁みる短編8選です。

    著者は元京大教授でフランス文学者です。パリには3度都合3年以上滞在し滞在時の小説(散文)の著書が多く出版されて居ります。

    この小説は文章が柔らかく読む者にすっと入って来るギラギラした飾り立てのない簡素で優しい調子が全編共に感じられます。

    ”残光のな...続きを読む
  • 驚きの日本一が「ふるさと」にあった
    ふるさと回帰支援センターの「移住希望地ランキング」の上位5県は、長野、静岡、北海道、山梨、新潟。にもかかわらず、現実は、この5県いずれも転出超過となっている。他方、幸福度ランキングでは、富山、石川、福井の北陸3県がいつも上位に名をつらねているが、住んでいる自分らは今一つそれを実感できていない。驚きの...続きを読む
  • 小さな町で
    これといって強く残るような作品はないのですが、ちょっとした暇つぶしにはいいかも。もとが新聞に書いていたコントのようなものだそうで、確かに、新聞を読むときのひと時のお供にはいいのかな、とも思いました。