外川淳のレビュー一覧

  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    幕末の志士8人+補足8人にフォーカスし、漫画と現代口調でわかりやすくストーリー化。

    迫力というところでは、黒金ヒロシにかなわないけれど、わかりやすいのはまめこさんのほうかなぁ。

    この漫画家(まめこ)、異色の経歴の持ち主で、大学では国際関係学部でインドネシア語を専攻し、インドネシアに2年間留学。
    ...続きを読む
  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    女子のためのということだったので、勝手に幕末の女性にスポットを当てているのかと思ったけど、違いました。でも、めちゃめちゃおもしろかった。ひとりひとりのキャラをわかりやすく表現していて、他の人との関わりもわかりやすく、この時代の人が何を考え、どうつながりあっていたのかということもわかったので、さらっと...続きを読む
  • ガールズ★イン★戦国時代
    現在放送中の大河ドラマ「お江」を観ているので、予備知識を得ようと思って買いました。とくに、信長の妹である「お市」と、その三姉妹「茶々、お初、お江」がどんな戦国の世を渡り歩いたのかが、マンガで描かれているので歴史に詳しくなくても楽しく要点だけつかむことができました。
    このタッチのマンガが個人的にとても...続きを読む
  • 明智光秀の生涯
    明智光秀は昔から興味を持っている人物です、いまだになぜ「本能寺の変」を起こしたのか、私の中ではしっくりしていないものがあります。

    明智光秀の子孫が書かれた本も面白かったのですが、最近では最新の歴史研究をベースに、多くの歴史書を読みこなし、そしてそこに書かれている真偽を多くの観点から考察したうえでの...続きを読む
  • ガールズ★イン★戦国時代
    前作「女子のための日本史入門幕末史」がおもしろかったので、同じような感覚で読みました。

    近代に近い幕末の時代と、まだまだ昔の戦国時代では、今どき風解釈をするとちょっと違和感かな?とは思ったものの、やっぱりおもしろいwww

    秀吉と江のまるで性悪ジジィとそれに反発する娘のようなやりとりが笑えます。
    ...続きを読む
  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    「女子のための」ってタイトルに引っかかりつつも・・・

    これが大爆笑するぐらいにおもしろい!!!!

    解釈が今風すぎるぐらい今風なのと、まめこさんのマンガ表現がすごくマッチしているのがいい。

    一番のおすすめは岩倉具視の章。

    確かにこの人、公武合体策をすすめたことで不信を買って朝廷を追い出されたり...続きを読む
  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    マンガです。
    見ての通り、かるーい感じ(?)のタッチなので、自分の中の土方像となんかちがう・・・(`Δ´)
    と、ならずに済みました。
    右上のバラガキが土方さんですね

    幕末の偉人たちを主人公にひとり20ページほどのマンガで生涯を描いています。
    登場するのはこの方々↓↓

    ●坂本龍馬
    ●土方歳三
    ●勝...続きを読む
  • 明智光秀の生涯
    『何かと話題の』今年の大河ドラマの主人公の明智光秀に関する本。

    一応、学校で日本史は学んでいた訳ですが、この本の様に時系列に出来事をまとめてもらえると、理解が深まります。

    そもそも、明智光秀は、その前半生が不明であるので、どういう人物かと言う事については推測しなければならないところが多く、結局の...続きを読む
  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    人物の生涯をさくっと漫画で

    坂本龍馬
    土方歳三
    勝海舟
    西郷隆盛
    大久保利通
    岩倉具視
    木戸孝允
    高杉晋作
  • 坂本龍馬 手紙にみる真実の姿
    [ 内容 ]
    現代人の龍馬像は、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』を起点とし、司馬の描いた龍馬像によって定説が成された。
    しかし、残された手紙から読み取れる龍馬像は、正反対の考えの持ち主であることが見受けられる。
    本書では、もっとも確実な史料といえる手紙の徹底分析により、真実の姿を再検証する。

    [ 目...続きを読む
  • 女子のための日本史入門 幕末史!
    最近読んだ同じジャンルのホンは
    龍馬を愛した女たち
    坂本優二 (著)
    読後感は
    幕末史というタイトルだけど
    中身は8人の人物の生まれて死ぬまででした
    たがいにリンクしてはいるので
    偉人たちを通して歴史通になろうという趣旨なのですね
    それで、予備知識なく読むとどうなのだろう
    たとえば龍馬伝見ている人...続きを読む