蠱惑の本~異形コレクションL~

蠱惑の本~異形コレクションL~

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

記念すべき50冊目を〈本〉を愛する皆様に贈ります。貴方の本棚に、どうか、もう一冊、闇色の本をお迎えください。本は、常に私たちの身近にあって、あらゆる「世界」を閉じ込めた存在でした。本を開きさえすれば、脳裏に飛び込んでくる「未知」の世界。そこには人生を変えてしまうような出会いもある筈です。記念すべき50巻目の《異形コレクション》を〈本〉に関わるすべての人々に捧げます。(編集序文より)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2021年04月23日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
1MB

蠱惑の本~異形コレクションL~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    異形コレクションついに50巻目。そしてテーマが「本」って。あまりに魅力的すぎる一冊です。まさしく本好きのための一冊。いろいろと恐ろしい本も登場したりしますが、それはそれでやはり魅力的。読んでみたく……なる?
    お気に入りは澤村伊智「恐 またはこわい話の巻末解説」。これ自体の物語としての魅力ももちろんな...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年02月22日

    本。リアルの本の魅惑。本が溢れる部屋の、うっとりするような魅力。
    ほぼ完全に電子書籍に移行してしまった私には、無縁になってしまった。部屋に、この蠱惑の本が並ぶことは、もう無い。
    なんだか、とても寂しい。そんな読後でした。

    0

    Posted by ブクログ 2021年11月18日

    今回は本をテーマにホラーやSF。古本屋を散策してそんな不思議な本に出会ってみたいです。トータルで切りよく50巻めということですが、これで終わりにならずに続くのを期待してます。

    0

    Posted by ブクログ 2021年10月26日

    【収録作品】「蔵書の中の」 大崎梢/「砂漠の龍」 宇佐美まこと/「オモイツヅラ」 井上雅彦/「静寂の書籍」 木犀あこ/「蝋燭と砂丘」 倉阪鬼一郎/「雷のごとく恐ろしきツァーリの製本工房」 間瀬純子/「書骸」 柴田勝家/「本の背骨が最後に残る」 斜線堂有紀/「河原にて」 坂木司/「ブックマン-ありえざ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年06月19日

    収録作品に当たり外れがある。
    「魁星」が1番好き。思わずGoogleマップで神保町界隈を調べてしまった。

    0

    Posted by ブクログ 2020年12月22日

    先月出たダーク・ロマンスのほうが全体的に好みの話は多かったけど、こちらも面白かった。

    特に好きだったのは以下の四作。

    『砂漠の龍』
    異国のファンタジーものかと思いきや、舞台は現代に代わり…と思いがけない展開で面白かった。

    『本の背骨が最後に残る』
    本となった人間が、己が語るストーリーが間違えて...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年01月13日

    ――

     さてこうして本棚にひとつ闇色の背表紙が加わったわけですが、その一点はじわじわと拡がりやがて本棚全体を覆い隠す――って、そもそも「本棚」とか「書庫」ってのもホラーちっくな響きがありますな。なんか生まれないかなうちの本棚からも。
     引っ越して納戸が出来たので本棚作ったんだけど、思ったより持って...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング