おちこぼれ退魔師の処方箋 ~常夜と現世の架橋~

おちこぼれ退魔師の処方箋 ~常夜と現世の架橋~

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

退魔師の家系に生まれた咲楽だったが退魔の才能がなく、代わりにあやかしなどの『魔者』を癒す力を持っていた。
魔者を癒し穢れを取り込み過ぎた彼女に手を差し伸べたのは、同じ人間ではなく常夜ノ國で医者をしてる魔者・鴉だった。ふたりは契約を結び、鴉の薬屋でともに暮らすことに。
常夜での生活も一年が過ぎたころ、咲楽は帰宅途中で男性を襲おうとしている傷を負った旧鼠を見つけて――?

契約関係で結ばれた魔者と人間の優しくも切ない人情物語、待望の第二弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
マイナビ出版
掲載誌・レーベル
マイナビ出版ファン文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2021年03月26日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
2MB

おちこぼれ退魔師の処方箋 ~常夜と現世の架橋~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月29日

    咲楽も神楽もかわいいなぁ。ぎこちなく笑い合う姉妹が微笑ましい。鴉が、咲楽とごはんを食べないと美味しくない、という主張がほんと好き。ユキさんの話がせつない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

マイナビ出版ファン文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング