孔子先生が教えるこども論語

孔子先生が教えるこども論語

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【内容紹介】
自分で考える力を身につける論語の本

『論語』は、孔子先生の言葉や行い、弟子たちとのやり取りなどを記録した中国の書物です。「人にとって一番大切なものは思いやりの気持ち」という考え方を中心に、「人はどう生きるべきか」などが書かれています。日本でも昔から多くの人に親しまれ、「日本の資本主義の父」と言われる渋沢栄一も『論語』に大きな影響を受けた1人です。

この本では、楽しく『論語』を学べるように、孔子先生や弟子たちが動物の姿になって、その教えを紹介していきます。

【著者紹介】
監修:安岡 定子(やすおか・さだこ)
論語塾講師、公益財団法人郷学研修所・安岡正篤記念館理事長。1960年、東京都生まれ。
二松学舎大学文学部中国文学科卒業。陽明学者・安岡正篤の孫。現在、こども論語塾の講師として全国各地で定例講座を行い、子どもや保護者に『論語』の魅力を伝えている。また大人向け講座や企業セミナーにも力を注いでいる。
『心を育てるこども論語塾』『仕事と人生に効く 成果を出す人の実践・論語塾』(ともにポプラ社)『ドラえもん はじめての論語』『ドラえもん はじめての論語 君子編』(ともに小学館)『壁を乗り越える論語塾』『素顔の安岡正篤』(ともにPHP研究所)等、著書多数。

文:ペズル
文筆家。著書に『もしも虫と話せたら』『せかいいっしゅう あそびのたび』『三国志に学ぶ人間関係の法則120』(全てプレジデント社)がある。

絵:野田 節美(のだ・せつみ)
イラストレーター。子育て・教育といったファミリー向けの雑誌を中心に、書籍・web等のイラストも手がける。


【目次抜粋】
1章:毎日の心がけ
2章:友だちといるとき
3章:うまくいかないとき
4章:リーダーになったとき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
プレジデント社
ページ数
144ページ
電子版発売日
2021年02月16日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
43MB

孔子先生が教えるこども論語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    正直大人でも難しい論語のため子供向けに成るのかと、読む前は思っていました。
    しかし子供向けに動物のキャラクターが登場して、子供も生活ででで来るようなシチュエーションで例えてくれているため読みやすくスッと入ると思います。
    論語として子供には与えるよりも、日々の生活の向上や改善してほしいとの思いで子供に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています