真鍋立夫先生との往復書翰 脈診からの漢方エキス剤 『傷寒論』によるかぜ診療
  • 無料

真鍋立夫先生との往復書翰 脈診からの漢方エキス剤 『傷寒論』によるかぜ診療

作者名 :
通常価格 0円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この症状、この病名にはこの漢方エキス剤、西洋医としてそんな対症療法をしてきました。もう少し根拠を持って漢方エキス剤を選んであげたい。五臓六腑のどこに気血水のどのような問題があるからこの漢方エキス剤が効くのではないか、そんな対証療法をするために苦労してきた私の軌跡を綴ってみることにしました。基礎編は私のような西洋医にも興味深く読んでいただけるように症例を大切にしています。臨床編には100例ほどのかぜ診療をとりあげました。『傷寒論』から学び、どのような漢方エキス剤を選んだのか、参考にしていただけたら幸いです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
東洋出版
ページ数
920ページ
電子版発売日
2020年11月19日
サイズ(目安)
26MB

真鍋立夫先生との往復書翰 脈診からの漢方エキス剤 『傷寒論』によるかぜ診療 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    大ボリュームで充実した内容

    Omiago 2021年04月01日

    こんなに大ボリュームで充実した内容を公開してくださるなんて大盤振る舞いも良いところです。漢方を正しく利用するのに必須の知識が詰まった一冊で、西洋医学が主流とみなされる現代にこそ、東洋医学の良さを再発見するために読むべき本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています