日本神話の迷宮 続・幾千年の時空の彼方へ

日本神話の迷宮 続・幾千年の時空の彼方へ

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「神様あなたはどこにいる?」と問いかけながら車中泊を続け、1年の過半をフィールドで過ごす旅行作家が、10年以上の取材行で感得した「神々の諸相」。
神話の彼方に史実を追い求めてきた筆者の待望の新刊が誕生!

訪ねた寺社は1千社、地元で暮らす人々に伝承を聞き、地域の資料館で裏付けをとる。
その結果、わかったことは......「日本の神様は偶像ではない! 神話は空想ではない!」。
『日本神話の「謎」を歩く 幾千年の時空の彼方へ』(天夢人刊)に続く、神様探求本第2弾は、教科書や解説本には書かれていない、神様のドラマツルギーに満ち満ちている!

本書は第1章で天地創造と生命起源に関わった高天原ゆかりの「天津神」。
第2章で地上に追放された素戔嗚尊の系譜に連なる「国津神」。
第3章で神武天皇以降の人代の人が後に神々として祀られた「人物神」について持論を展開。
日本全国津々浦々の約250社の神社に祀られた神々の謎に迫る。

さらには地域社会に根付いた民俗神や、神話に登場する神々以前の精霊や自然神などにも言及するなど、読後には読者が「神様はここにいた!」と納得できる仕掛けとなっている。

ライブな感覚で書かれた本書を読むと、神話の彼方に「今」が見える!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
旅行ガイド・旅行会話 / 旅行ガイド
出版社
天夢人
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年08月28日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
143MB

日本神話の迷宮 続・幾千年の時空の彼方へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 旅行ガイド・旅行会話

旅行ガイド・旅行会話 ランキング