文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(1)

文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(1)

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれないか?恥ずかしいところ、とろとろなカラダ、濡れて淫らになるゆりの全てを…。男性描写の引き出しが少ない私に、憧れの文豪から気持ちいい手ほどきで開発されちゃいます!?

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
forcs
掲載誌・レーベル
恋愛ショコラ
電子版発売日
2020年07月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

新刊オート購入

文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    ええ!

    けんけん 2020年08月06日

    今までにない設定でおもしろいですね。
    絵は少し古臭い感じですが、話の流れでそれも悪くない雰囲気です。
    この先興味があります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    素敵な出会い

    みき 2020年07月18日

    自分が尊敬する文豪の地縛霊が購入した古民家に住んでいた。霊感が強いヒロインには怖く無いが不思議な関係が始まって☆憧れた男性がいつかは消えちゃうのかな?続きが気になる~

    このレビューは参考になりましたか?

文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(1)
    「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれ...
  • 文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(2)
    「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれ...
  • 文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(3)
    「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれ...
  • 文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(4)
    「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれ...
  • 文豪に取材でたっぷり抱かれています~古民家、ふたりぐらし(5)
    続巻入荷
    「コーヒーよりも目が覚めるようなキスはいかがかな?」…ダメです、そこは!読書が大好きな看護師ゆりは、本の置き場のために古い京町屋を買ってしまう。そんな家に憑いていたのは昭和の文豪で地縛霊の安堂仁(じん)。戸惑うゆりだったが恋愛小説家デビューの夢を叶えると約束され、その晩から取材という名目でエッチな洗礼を受けることに。快感でとろけていく時にどんな顔をしているのか、オレに見せてくれ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています