ガイドライン外来診療2020

ガイドライン外来診療2020

作者名 :
通常価格 16,500円 (15,000円+税)
獲得ポイント

82pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

臨床現場で頼りになる実践解説書。専門外の疾患でも、自信を持って診療できます
各領域の専門医165名が、最新の診療ガイドラインをもとに、診断、管理・治療等をわかりやすく詳説

◆最新ガイドラインに沿って、日常的に遭遇する主な101疾患を診断解説
診療ガイドライン情報は、医療現場の第一線で共有され、最適な医療の実現のために活かされています。
そのガイドラインを反映した本書は、年に一度の改訂を重ね、今回で第20版となりました。手元に常備しておきたい標準診療指針として、多くの先生にご好評いただいています。
【疾患別の内容構成】
◎アウトライン、定義・概念
疾患の概要、近年の有病率、国内および海外における診療ガイドラインの改訂状況などを端的に解説。
◎診断
疾患を疑う愁訴・症状~初診時に必要な検査~鑑別診断~確定診断など、臨床現場のプロセスに沿って、あらかじめ理解しておきたいポイントをわかりやすく解説。
◎管理・治療
設定する「目標」に始まり、薬物療法などの具体的な「治療方法」、「管理」における基本的なポイントを順序立てて述べます。
◎経過・予後
治療後の動向、生命予後などにおける、注意すべき点を簡潔に解説。
◎処方例
様々なケースに対応した処方を、商品名(原則として先発薬)でわかりやすく記載。後発薬選択のため、一般名も併記しました。
◎専門医への紹介
どのような場合に紹介すべきか、そのポイントを明解に示しました。
◎患者・家族への説明
患者・家族へ伝えるべき重要ポイントを、わかりやすい表現で示しました。

資料『わかりやすイイ 胸部X線写真読影』(長尾大志 著)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
日経BP
ページ数
728ページ
電子版発売日
2020年04月02日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
261MB

ガイドライン外来診療2020 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています