薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―

薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
紙の本 [参考] 1,200円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アシスタントが見た!名作誕生の瞬間!!

美内すずえ先生、くらもちふさこ先生、樹村みのり先生、三原順先生、山岸凉子先生etc……、
数々の名作を生み続けるレジェンドたち――、の元でかつてアシスタントをしていた著者の、とんでもなく貴重な体験を描いたコミックエッセイ。
美内先生との初対面と、想像を絶するシュラバ。才能ある若き漫画家たちの知られざる努力とこだわり。
あの作品のあのエピソードの誕生秘話など、少女漫画好きなら身悶えする様なお話がたくさん!

若き先生方と若きアシスタントたちの、血と汗と涙と喜びの青春時代を綴ります。


【目次】
プロローグ
1章 職場はシュラバ
2章 アシスト放浪スタート!
3章 シュラバの真実
4章 さらばシュラバ
エピローグ

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
イースト・プレス
ページ数
184ページ
電子版発売日
2020年02月27日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
73MB

関連タグ:

新刊オート購入

薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    世代なので購入は義務!
    三原順先生やくらもち先生など登場が当然の中、一コマ佐々木淳子先生がいらして嬉しかった(予想外でした)。
    今本にならないと残らない内容と思うので、若い描き手の方にも読んで欲しいな。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    タイムスリップする喜び

    (匿名) 2020年04月05日

    まず、カバーデザインからして当時の少女コミック風でテンション上がりました。
    また、登場される先生方の画風を作者が見事に描き分けられて、当時リアルタイムで読んだ一読者として、「ああ、この作者はプロでもあり、大のマンガファンなのだな」とうれしくなりました。他の方も書かれているように、未読の作品も手にと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    70〜80年代の少女漫画黄金期の今やレジェンド級の先生たちの現場にアシスタントとして参加した作者がみた名作誕生の裏側と若き先生たちの姿が蘇る。

    リアルタイムで読んでいた作品のあのシーンの裏側が垣間見られてとても面白かった。
    本作内で取り上げられている作品を読み返したくなった。

    美内すずえ先生は「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    日頃はマンガは読まないけれど、
    もちろん10代の頃は読んでました。
    やっぱり「ガラスの仮面」が1番好き。
    そのアシスタントをされてた方が書かれたという事で読んでみました。
    アシスタントといってもご本人も漫画家さん。
    中学、高校の頃から漫画の世界で頑張ってらっしゃるんですね。
    知らない世界でした。新人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    「薔薇はシュラバで生まれる」懐かしい70年代少女漫画の裏事情。三原順先生は早世していて人となりの情報など伝わってこないので嬉しかった。未読でずっと気になっていた「天人唐草」買う!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    70年代、自身も漫画家で、美内すずえをはじめ数々の少女マンガ版のアシスタントを経験した作者が当時を振り返るエッセイ漫画。最近、少年マンガでこの手の本がいろいろ出てるけど少女マンガでは珍しい。三原順のエピソードが何か印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    白泉社で描いてた大先生が次々に。
    それぞれの絵柄で再現されてるのがすごい!!
    40年くらい前の少女漫画の地位の低さ、それでも生まれたたくさんの名作は色褪せず、今でも何度も読み返してる。
    天人唐草の後の山岸凉子先生が人間の深淵を描いた作品の凄さよ。
    コタツと蚊帳の怪談、表鬼門の家のエピソードは山岸凉子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ありがとう!夢中になったあの頃

    ちびび 2020年05月14日

    まさに私の世代、面白いかった!
    美内先生、山内先生、くらもち先生、
    みんなあの頃夢中で読みました。
    当時は作品の世界に入り込み制作裏のことなど想像することも無く、また教えてもらっても、悪く言えば余計なお世話だと思ったでしょう。(ごめんなさい)
    でも、今回何十年かぶりに懐かしい作品を思い出しな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

     ご本人のアシスタント体験を描いており、当時は歴史的な傑作として今に至る作品に携わっていたとは意識していなさそう。つらくても漫画に携わる喜びが溢れていて、読んでいて楽しくて元気が出る。

     僕はアシスタントはほぼやったことがないので、若い時にやっていればもうちょっと出世できていたのではないだろうか。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています