絶望の沖縄 1 差別と売春の島

絶望の沖縄 1 差別と売春の島

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

絶望の沖縄 1 差別と売春の島


今なお米軍に土地を奪われている、基地に囲まれた戦争の島・沖縄。県民所得、失業率、非正規雇用率などの指標が日本で最も悪い貧困の島だ。出生率こそ全国1位だが、離婚率やデキ婚率、大学進学率もワースト1位で、負の連鎖に歯止めがかからない。主要産業を観光と呼べば聞こえはいいが、その実態は売春だ。キャバクラ店舗数も成人1万人あたり36軒と、日本で最も水商売の盛んな沖縄がいかに絶望的な状況か、現地のキャバ嬢兼ライターが夜の風俗街からリポートする。
佐木隆三の『 沖縄と私と娼婦』、佐野眞一の『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』藤井誠二『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』などの系譜を継ぐ沖縄ルポルタージュがここに誕生。

沖縄生まれ沖縄育ちの現地在住ライター、エリザベス比嘉が沖縄の惨状をリポートするよ!
第1弾は、エリザベス比嘉も働いている沖縄のキャバクラ事情から。大抵のキャバ嬢には無職のクズ男がくっついているんだよね。やってくる客も、ウヨクもサヨクも、ナイチャー(本土人)もウチナーンチュ(沖縄人)も最低のカスばかり。あからさまな差別が横行している実態も紹介するよ!


01 働かない男を飼うのはあたりまえ!? 沖縄キャバ嬢事情
02 米兵好きのビッチ女は基地賛成派?
03 Fラン大学でも高学歴? 沖縄特有の学歴格差とは
04 デモの帰りにキャバクラ? 呆れた左翼の実態
05 キャバクラで国歌斉唱? 沖縄右派の胡散臭い実態
06 観光客はただの金づる!? 本土人ディスの実態とは?
07 沖縄人が本土人を差別? 移住者が県民から嫌われるワケ
08 沖縄戦の恨みを忘れるな! 沖縄の「平和教育」の実態とは?
09 色黒女は差別される? 沖縄人の肌の色コンプレックスについて
10 ぐだぐだ続ける人が大多数? 沖縄のキャバ嬢の進路事情について
(『実話BUNKA超タブー』vol.19〜28の連載を収録)



著者/エリザベス比嘉
沖縄生まれ沖縄育ちの生粋の沖縄女子で、24歳の現役女子大生(1浪&留年2回目!)。学業の傍らキャバクラでバイトするも沖縄の暮らしにうんざりし、地獄の島の実態を本土人に知らしめるため執筆を決意。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
ニュース・ビジネス・総合 / ニュース
出版社
コアマガジン
掲載誌・レーベル
実話BUNKAタブー特別編集
電子版発売日
2019年11月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

絶望の沖縄 1 差別と売春の島 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

実話BUNKAタブー特別編集 の最新刊

無料で読める ニュース・ビジネス・総合

ニュース・ビジネス・総合 ランキング