神なき国の科学思想 ソヴィエト連邦における物理学哲学論争

神なき国の科学思想 ソヴィエト連邦における物理学哲学論争

作者名 :
通常価格 7,700円 (7,000円+税)
獲得ポイント

38pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本書は、ソヴィエト連邦におけるマルクス主義自然哲学(弁証法的唯物論)と物理学理論との関係についての論争(物理学哲学論争)を時系列に沿って分析することにより、根本的・実証的批判を加えた。より精彩に富んだ歴史像を提示する。

ジャンル
出版社
東海大学出版部
ページ数
348ページ
電子版発売日
2019年09月27日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

神なき国の科学思想 ソヴィエト連邦における物理学哲学論争 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています