未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する

未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

さらば、在日アメリカ軍 脱植民地こそが日本サバイバルの鍵だ! 敗戦後、GHQによる自虐史観の刷り込みと日米地位協定によって日本の安全保障は骨抜きにされた。反米ではなく媚中でもない。脱米軍依存、脱植民地することが日本が真の独立国となるための鍵だ! 元陸将補が「日米同盟」の実態を明らかにし、日本の存亡を賭けた安全保障論を提言する。 序 章 日米地位協定の正体を明らかにする前に 第1章 「日本の空は、すべて米軍に支配されている」は本当か? 第2章 「日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある」は本当か? 第3章 「日本に国境はない」は本当か? 第4章 「国のトップは『米軍+官僚』である」は本当か? 第5章 「自衛隊の実力は世界トップクラス」は本当か? 第6章 「自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う」は本当か? 第7章 「北朝鮮の核放棄」は本当か? 第8章 日本の存亡を賭けた近未来の安全保障政策

ジャンル
出版社
コスミック出版
ページ数
231ページ
電子版発売日
2019年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています