森下雨村 小酒井不木~ミステリー・レガシー~

森下雨村 小酒井不木~ミステリー・レガシー~

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1920年創刊の「新青年」は、江戸川乱歩をはじめ数多くの作家を輩出した名雑誌であり、初代編集長の森下雨村は日本の探偵小説の生みの親と称される。その雨村が作家として見出した小酒井不木も専門の医学研究に材をとった、すぐれた評論や小説を著し、現代ミステリーの源流となった。この両者の“遺産”ともいえる傑作長短編を収録した読み応え充分の一冊!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

森下雨村 小酒井不木~ミステリー・レガシー~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています